2012年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:47 Sep 26 2012

津波、浮いて避難 下関の造船会社がシェルター

 山口県下関市の造船会社が、救命艇の技術を使った津波避難シェルターを開発した。波にのまれても浮き、内部に水が入っても沈まない。食料やバッテリーを備え、救助を待てる。高い津波が予測される浜松市の保育園が依頼した。

 長さ6.5メートル、幅2.6メートル、高さ2.8メートル。繊維強化プラスチック(FRP)の二重構造で、大人26人、幼児なら100人以上入れる。7日分の水や非常食を備蓄できる。1基500万円ほどだ。

 この会社で25日、性能試験があり、地元小学生が実際に入ってみたほか、ひっくり返った状態から自然に元通りになる機能を確かめた。

 asahi.com 2012年9月26日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古