2012年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:02 Sep 29 2012

台風17号、沖縄と奄美が暴風域 強風でトラック横倒し

強風にあおられ、ひっくり返った乗用車

 非常に強い台風17号は29日午前、沖縄本島全域や奄美群島の一部を風速25メートルの暴風域に巻き込みながら、沖縄の南西海上を北上した。29日午後に沖縄本島、30日午前には九州南部、10月1日には関東地方に接近する見込みで、気象庁は警戒を呼びかけている。

 台風は29日午前10時現在、那覇市の西北西40キロを時速25キロで北東へ進んでいる。中心気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。

 沖縄県渡嘉敷村(とかしきそん)では29日午前8時ごろ、最大瞬間風速58.9メートル、那覇市では同9時ごろ同50.4メートルを観測。沖縄本島では強風にあおられてひっくり返る車も相次ぎ、那覇市中心部の国道58号では横倒しになった大型トラックが3道線をふさいだ。29日朝には、沖縄県浦添市で牛乳配達中の80歳の女性が風で転んで頭を打つなど、28-29日午前にかけて同県内で計4人が軽傷。沖縄県多良間村(たらまそん)では29日朝までの24時間雨量が573ミリと、2003年に観測を初めて以来最多となった。

 大雨洪水警報が発令された同県名護市は、4122世帯8514人に避難勧告を出した。沖縄電力によると、29日午前10時現在で沖縄市や糸満市などの計17万8千世帯が停電している。

 空の便も大きく乱れた。29日午前8時現在、日本航空は29日夜に那覇空港を発着する便を除く34便の欠航を決定。全日空グループも最終便以外の102便の運航を取りやめた。30日は鹿児島や宮崎発着便に影響が出そうという。

 気象庁によると、30日正午までの24時間雨量は多い所で奄美地方で300ミリ、九州南部で250ミリ、沖縄本島地方で150ミリと予想されている。

 asahi.com 2012年9月29日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます

港に近い国道58号で、道路をふさぐように横転したトラック
印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古