2012年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:21 Oct 26 2012

平等院鳳凰堂すっぽり覆う 丸太5千本、工事木組み完成

修理のため、丸太の木組みで覆われた平等院鳳凰堂=25日午前、京都府宇治市、朝日新聞社ヘリから、筋野健太撮影

 60年ぶりの大規模修理中の世界遺産・平等院鳳凰(ほうおう)堂(京都府宇治市)が25日、工事用の木組み(高さ17.5メートル、幅55メートル、奥行き42メートル)ですっぽり覆われた。約5千本の丸太が針金で固定されており、壮大な工事風景となっている。

 鳳凰堂(国宝)は、本尊を安置する中堂や翼廊の傷みが進んだため、瓦のふき替えや柱の塗り直しをすることになり、9月から準備工事を進めていた。26日から11月上旬にかけ、全体をシートで覆い、本格的な修理作業に入る。工期は2014年3月まで。(土岐直彦)

 asahi.com 2012年10月26日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古