2012年10月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:29 Oct 30 2012

仙台空港敷地内に不発弾、全便欠航 処理のため終日閉鎖

 仙台空港(宮城県岩沼、名取市)の敷地内で不発弾が見つかり、国土交通省仙台空港事務所は30日、安全に処理するため終日空港を閉鎖すると発表した。定期便全92便を欠航する。

 空港事務所などによると29日午後10時15分ごろ、仙台空港ビル西側約1.2キロの滑走路脇で、東日本大震災の復旧工事で排水路を掘っていた作業員が、深さ約50センチの場所から爆弾のようなものを発見。県警岩沼署に通報した。陸上自衛隊神町駐屯地(山形県東根市)の隊員が午前5時半すぎ、米軍の250キロ爆弾(長さ110センチ、直径35センチ)の不発弾と確認したという。

 さびついていて、戦時中に落ちたものとみられるという。起爆に必要な信管がついたままとみられ、空港事務所や県警などは午前9時から、処理方法のほか、周辺地域や空港施設から避難が必要か協議を始めた。

 岩沼市防災課によると、爆弾が破裂した場合、東西方向にそれぞれ1100メートル、南北に600メートルの範囲に、破片などが飛散する可能性があるという。市は午前7時に対策本部を立ち上げ、空港周辺の事業所に対し、空港に近づかず、なるべく屋外に出ないように呼びかけている。

 空港には、全便欠航を知らずに訪れた人もいた。3カ月前から広島県などに旅行する計画をたてていたという山形県の早坂ときさん(65)は「せっかく来たのに、こんなことがあるなんて」と驚いていた。

 asahi.com 2012年10月30日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。
.

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古