2012年10月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:29 Oct 30 2012

レジャー市場、22年ぶり低水準 震災後の自粛影響

 【竹下隆一郎】2011年のレジャー関連市場規模は、前年比4.5%減の64兆9410億円で、1989年以来22年ぶりの低水準になったと日本生産性本部が29日発表した。東日本大震災でレジャーを控える動きが出たためという。
 
 同日発表した12年版のレジャー白書によると、レジャー関連市場は景気低迷などで96年の約91兆円をピークに減少傾向にあったが、今回の落ち込みは震災と原発事故の後に起きた自粛ムードが大きいという。震災後の余暇の増減が「減った」と答えた割合は全国で20.9%、被害が大きかった岩手、宮城、福島3県に絞ると46.3%にのぼった。
 
 レジャー91項目の参加人数調査では「国内観光旅行」が最も多く、前年2位から首位に。前年首位の「ドライブ」は3位に落ちた。前年21位の「帰省旅行」が19位に上がった。調査にかかわった桜美林大学の山口有次教授(レジャー産業論)は「震災を機に家族の絆を重視する人が多くなった」とみている。

 調査は今年1月、15-79歳の男女3294人からインターネットを通じて得た回答などを元に推計した。白書は77年から出しており、10年版から調査法を訪問からネットに切り替えている。

 asahi.com 2012年10月30日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古