2012年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:31 Nov 05 2012

万里の長城で日本人2人死亡 大雪で遭難、現地報道

 【八達嶺(北京市郊外)=奥寺淳】中国河北省張家口市懐来県にある世界遺産「万里の長城」で、日本人観光客4人と中国人ガイドの計5人が3日夜、強風と大雪のため身動きがとれなくなった。新華社通信によると、このうち渡辺邦子さん(68)と62歳の女性が死亡した。

 新華社によると、柳井尽一郎さん(76)が行方不明となっている。59歳の女性と中国人ガイドは無事だった。北京の日本大使館には死亡の情報が入っておらず、確認を急いでいる。地元当局者は4日夜、朝日新聞の取材に対し、「まだ安否や身元の確認は取れていない」と述べた。

 中国の通信社、中国新聞社によると、5人は3日夜、北京市西部から登山し、長城に向かう途中で遭難した。中国人ガイドが自力で下山し、警察に通報した。1人の日本人が意識不明の重体だったという。

 現場は北京市との境界に近い山地で、整備され観光地として有名な八達嶺から西南に約20キロ離れている。現場付近は、3日から「数十年ぶりの大雪」(地元メディア)に見舞われ、道路の一部が通れなくなっており、通信も切断されているという。

 地元当局者の話では、5人が遭難した付近の長城を訪れる観光客はあまり多くなく、道路も整備されていない。当局者は朝日新聞の取材に対し、「現場は山の奥深く、捜索は難航している」と語った。

 asahi.com 2012年11月5日

 Copyright 2012 Asahi Shimbun 記事の無断転用を禁じます。

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古