2011年1月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:00 Jan 13 2011

日本の歌「トイレの神様」が中国人にも人気


 1曲の歌が、デビュー以来6年間無名だったシンガーソングライターの植村花菜さんを有名にさせ、日本で最も影響力がある「紅白歌合戦」に初出場させるまでになった。「トイレの神様」という名前のこの歌が最近、中国でも人気となり、中国マイクロブログや動画サイトで多くのネット利用者に転載されている。この歌が伝える強い家族への思いが、「聞くたびに泣かずにはいられない」というほど中国のネット利用者をとらえている。

 「トイレの神様」は植村花菜さんが自分の祖母との思い出を歌った歌で、曲の長さは10分近くにもなる。トイレ掃除を嫌っていた子供の頃の植村さんに対して祖母が、トイレには女神様が住んでいる、きれいに掃除をすれば女神様のように美しくなれる、と話した思い出を中心とする内容だ。思春期に入った植村さんは祖母へ反発するようになって「トイレの神様」の話も信じなくなり、最後には祖母から離れて大都会へ出てゆく。仕事の忙しさの中で祖母に会う機会もなくなった植村さんは、祖母の病気の知らせを聞いて帰省するが、祖母の死に目には間に合わず、深く後悔する。過去を振り返った植村さんは、時間が経っても自分が永遠に祖母の愛する孫で、世界がどれだけ変化しても、祖母は自分を一番愛してくれた家族だったことを発見するのだ。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年1月13日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古