2012年2月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:27 Feb 14 2012

川島茉樹代の暴力事件が争議を呼ぶ


 Makiyo(川島茉樹代)の友人の暴行事件で非難の的となっているMakiyoだが、インターネット利用者の怒りは「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」と言うレベルに達しているようだ。Makiyoが所属する「S帮」のメンバーにも非難は及び、関係者が出演するドラマ「康熙来了」の視聴ボイコットを呼びかける人も現れた。

 Makiyoの記者会見での発言は一貫しておらず、暴行を正当化しようとしたり、自分は当事者ではないと「責任逃れ」しようとする態度を見せたことで、彼女の芸能界追放まで取り沙汰されている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年2月14日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古