2010年8月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:16 Aug 04 2010

太陽風が今日地球に到達する見込み


 各国の天文台が先ごろ、太陽表面で大規模な太陽嵐が発生しているのを観測した。荷電粒子を伴う太陽風が4日には地球に到着し、両極で強烈なオーロラ現象が見られるだろうと科学者は予測している。英国メディアが2日に伝えた。

 オーロラが発生する可能性

 各国の天文関係者は先週末、強烈な太陽フレアの爆発が目撃された。フレアの下の太陽黒点は地球と同じぐらいの大きさがある。この爆発は太陽表面のより広い範囲での太陽嵐を引き起こし、1億キロ以上離れた地球に向って大量の荷電粒子を吹き上げ、強烈な太陽風を生じている。

 アメリカ航空宇宙局(NASA)の科学者の予想によると、太陽嵐で生じた荷電粒子は4日に地球を「襲撃」し、地球の磁場に影響を与えると同時に両極で強烈なオーロラを発生するだろうと予測している。また専門家は、太陽嵐が強烈過ぎる場合、地球の衛星を破壊し、地球規模で電力や通信システムが中断される可能性があると警告している。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古