2010年8月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:23 Aug 25 2010

恐怖の14時間 フィリピンの人質事件を振り返る

 
 中国外交部の楊潔チ部長は23日夜、香港の観光客がフィリピンで人質にとられた事件についてフィリピンのロムロ外相と電話会談した。楊部長によると、23日午前9時ごろ、香港の観光客21人がフィリピン・マニラ市で人質に取られた。中国政府はこの事件を重視し、フィリピン側に対して人質の安全確保を前提とした上で、救出活動を全力で行うよう要求している。交渉を通じて観光客6人が昼前に解放された。北京時間の7時40分ごろ、フィリピンの警察は救出のために突入し、観光客の中の多くが死傷した。

 楊部長は次のように語っている。中国政府は今回の事件の発生に深い衝撃を受け、多くの香港の同胞が犠牲になったことに深い悲しみを覚えると共に、犯人が無実の観光客に対して暴力行為をはたらいたことを強く非難する。中国側はフィリピン側に対してこの事件を徹底的に調査し、事件の詳細な情況を速やかに通知し、負傷者の救援に全力をあげ、事後処理を適切に行うよう要求する。中国政府は作業チームをフィリピンに派遣して大使館が関連の事由を処理するのを支援する。中国側はフィリピン側に対して、適切な措置をとってフィリピンの中国公民の生命と財産の安全を確保するよう要求する。

 ロムロ外相は、フィリピン側は今回の事件に深い悲しみと遺憾の意を表し、フィリピン政府が負傷者の治療に全力で取り組み、事件を徹底的に調査して調査結果を速やかに中国側に通知すると述べ、また中国側の作業チームのフィリピン派遣の業務に協力するとした。

 双方は善後処理のために緊密な連絡と協力を保つことを表明した。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古