2010年9月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:44 Sep 02 2010

中国の漁船と韓国の貨物船が衝突して沈没 乗組員は全員行方不明



 韓国駐在中国大使館の情報によると、中国漁船1隻が1日午後、韓国西部の海域で韓国の貨物船に衝突されて沈没し、船上の乗組員全員が行方不明となっている。

 中国海上捜索救助センターによると、同センターは捜索プランを計画、当該海域は現在天候が悪いため、天候の状況を見て捜索船を出し、捜索活動にあたる予定だ。

 韓国海洋警察からの通報によると、1日午後2時45分(北京時間午後1時25分)、当該の中国漁船は韓国・泰安西格列飛島の西68海里、韓国の排他的経済水域から17海里外側の位置で韓国HC海運の1250トン級の貨物船と衝突。漁船上の乗組員は全員が海に落ちて行方不明となった。通報によると、韓国海洋警察は警備艇とヘリコプター1機を派遣して事故現場で捜索活動を行っている。

 韓国駐在中国大使館は既に韓国側と交渉し、全力で救助を行うよう要求している。大使館側は現在、沈没した漁船の船名と乗組員の状況を確定中だ。

 中国海上捜索救助センターの関係者が1日夜9時に明らかにしたところによると、同センターは事故の情報を確認済みで、捜索プランも制定済みだという。韓国の西部海域は昨夜は天候が非常に悪く、風速が秒速30から40メートル、波の高さは10メートルに達している。同センターは捜索プランを基に、天候の状況を見て当該海域に捜索船を出し、捜索活動にあたる予定だ。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年9月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古