2010年10月18日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:23 Oct 18 2010

日本メディアの驚きの報道 縮小の危機に直面する富士山


 グローバルな気候温暖化の影響が日本の富士山にまで及んでいる。日本の研究グループが発表した調査結果によると、富士山南側の地表部分の永久凍土が消滅した可能性がある。

 「読売新聞」ウェブサイトが16日に報道したところによると、静岡大学と日本国立極地研究所は1976年からの測量で得た関連データを共同で分析した。

 研究をまとめた静岡大学の増沢武弘教授によると、1976年には富士山南の海抜3200メートル付近の地下50メートルに永久凍土の存在が確認されていたが、1998年には海抜3300メートル付近でやっと地下約50メートルの場所に永久凍土が発見され、2008年から2010年の最新調査によると、永久凍土の海抜下限が初めて確認されなかった。

 日本気象庁のデータによると、富士山山頂の年平均気温は1976年には零下7.2℃だったが、2009年には零下5.9℃にまで上昇している。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年10月18日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古