2010年12月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:37 Dec 03 2010

日本・島根県で鳥インフルエンザ発生 2万羽を殺処分



 日本・農林水産省は1日夜、検査により島根県安来市で死んだ鶏が高原病性鳥インフルエンザに感染していたことが確認されたと発表した。しかしウィルスの毒性の強さの確定にはまだ1週間程度必要だという。

 現地では一連の措置をとり、感染の拡大を防止している。これら措置には、死んだ鶏のいた養鶏場の全ての鶏2万羽以上の殺処分や、発生地から10キロ以内の鶏や卵の運輸制限、主な道路での消毒地点の設置などが含まれる。

 安来市のある養鶏場で11月29日に死んだ鶏が発見され、関係部門が鳥インフルエンザウィルスの簡易検査を行い陽性反応が出ていた。感染経路を確定し、感染の拡大を防ぐために、農林水産省は調査グループを成立している。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年12月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古