2011年6月27日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:41 Jun 27 2011

ドイツ 最新の検査で病原菌の「混合」が被害拡大の原因と判明


 最新のDNA検査により、ドイツで発生した大規模な腸管出血性大腸菌の流行は2種類の大腸菌の「混合」によるものであることが明らかになった。

 ドイツ・ミュンスター大学とロベルト・コッホ研究所の研究者が5月23日から6月2日までの間に患者80人から採取された病原菌サンプルを分析したところ、疫病に関連した菌は2種類からなることを発見した。一つは毒素を発生し、もう一つは消化管に付着して、人間の身体が毒素を速く吸収するようにさせるという。研究報告は23日に英国の雑誌「The Lancet Infectious Diseases」に掲載された。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年6月27日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古