2011年11月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:25 Nov 24 2011

乙女座とさそり座は企業に不評?


 「乙女座とさそり座の人はお断り。やぎ座、てんびん座、魚座を優先。」ある教育トレーニング機関が先ごろ中国地質大学(武漢)老漢口キャンパスに掲示した英語教師と事務員募集の文書では、応募者の星座が指定されている。

 人材を募集しているのは民営の英語トレーニング機関で、青山や宝富路、武漢二中付近でトレーニング教室を展開している。人材募集で星座を指定する理由について、同機関の担当者の夏さんは次のように語った。夏さんが星座について「研究」したところ、さそり座の人は個性が強くて、急に態度を変えたりする。乙女座の人間はあら探しが得意で、一つのポストに長続きしない。「前にこの2つの星座の人を採用したが、同僚とケンカばかりするか、長続きしないかのどちらかだった。」その判断は確かかとたずねると「例外なく確かだ」と夏さんは答えた。

 華農楚天学院環境芸術専攻の大学2年生、斉琴さんは2カ月前にあるブライダル企業の美術部門のアルバイトに応募したが、かに座の彼女は企業の要求に合わないという理由で採用されなかった。「ブライダル業界はロマンチックな業界だから、みずがめ座やさそり座の人間の方が合うと言われました。」星座は自分で決めることはできないもので、個人の能力こそ採用の際の中心的な競争力であるべきだと斉さんは語る。

 華中師範大学心理学院の劉亜博士は「星座と個性に関係がある」というのは科学的根拠がなく、一部の人の星座に対する判断は心理学で言うところの「期待効果」だと語る。「夏さんはこの2つの星座の人間に先入観があったため、自分の固定観念を使って他人に『レッテル付け』を行って自分の判断を正当化している。」

 漢口学院法学院の李文副院長は、星座別に人材を募集することは応募者の平等な就業権を侵害しており、労働監察部門に通報して問題の募集条項を削除するよう要求することができるとしている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年11月24日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古