2011年11月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:07 Nov 28 2011

冷たい空気の襲来 中部・東部で雨や雪


 11月27日から12月2日にかけて、冷たい空気の影響を受けて中国中部や東部地区で強風や降雨、降雪となる見通しだ。初雪や大幅な気温低下、最低気温更新、長江中流・下流の冬入りなどがこの時期の気候の話題の中心だ。

 11月以降、中国に影響を与える冷たい空気が頻繁に発生。9日から13日、15日から19日、21日から23日にかけて相次いで3回、冷たい空気が襲来している。

 しばらく気温回復や少量の雨の天候が続いた後、再び12月2日ごろまで冷たい空気の気候となる見通しだ。中央気象台の予報によると、冷たい空気の影響を受けて、中国中部や東部の大部分では4級から6級の北よりの風が吹き、6℃から8℃の気温低下が起こると見られる。内蒙古東部や東北地区、華北北部などでは気温低下が10℃から12℃に達し、一部では14℃となる恐れもある。東部と南部の沿海地区では7級から8級、瞬間的には9級となる北よりの風が吹くと見られる。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年11月28日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古