2012年2月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:55 Feb 17 2012

ナンバープレート保護剤 監視カメラの目をごまかす?



 交通ルール違反の運転は監視カメラに撮影されれば200元の罰金だ。運転手の一部には様々な手段を編み出して、罰金を逃れようと企む者がいる。現在市場では、ナンバープレートを見えなくして監視カメラの撮影を防ぐという「ナンバープレート保護剤」が販売されている。いったいどんな代物なのだろう。記者が秘密裏に取材し、また公安部門と協力して、問題の「保護剤」のテストを行った。

 「保護剤」を購入した記者は2チームに分かれた。1チームは園田路と博頌路の交差点へテストに向かい、もう1チームは鄭州市交通巡邏警察5大隊の協力を得て、監視カメラの違反情報をモニターすることとなった。

 道路のテスト現場では、「保護剤」をナンバープレートに吹き付けた後、ナンバープレートが撮影されるかどうか「信号無視」をすることにした。博頌路と園田路の交差点で、「保護剤」を着けた車が赤信号を走り抜けると、何と、すぐにコンピューターに違反情報が表示されたのだ。

 鄭州市交通巡邏警察5大隊の人民警察は違反情報を見て「この黒いサンタナ車は西から東への走行中に信号を無視した。『保護剤』を着けていたとしても、画像を拡大すればナンバーがはっきり見える」と語った。

 昼間は無理のようだ。では夜ならどうだろう?夜になってから記者は監視カメラと同じ原理のストロボ撮影カメラで再び実験を行った。遠距離、近距離、高速、低速など様々な条件で試したが、「保護剤」着きのプレートはやはりはっきりと撮影された。

 鄭州市交通巡邏警察支隊宣伝科人民警察の邢紅軍氏によると「道路交通違反取締システムで利用しているのは高精度カメラだ。このカメラで撮影すれば、薬剤を噴霧しても役に立たない」という。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年2月17日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古