2012年5月10日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:57 May 10 2012

通勤時間が45分を超えると健康に影響?


 北京大学社会調査研究センターは先ごろ「2012年度中国社会人のバランス指数調査研究報告」を発表し、全国の主な大都市・中都市28カ所の「イライラ指数」を明らかにした。調査によると、最も幸福なのは寧波で、武漢が最も「わずらわし」く、石家庄は17位でどちらかといえば「わずらわしい」都市となっている。

 調査によると多くのホワイトカラーが不満を持ちながら意気消沈した状態で日々を過ごしており、また自宅が遠く通勤時間が長い人に一般的にストレスの拡大や睡眠の質の低下、人付き合いの減少といった減少が見られる。距離だけでなく、通勤途中で起こるバスの遅れや車の故障、道路の渋滞、ラッシュの人混みなどもストレス拡大の原因となっている。「中国新聞網」が伝えた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年5月10日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
関連記事
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古