2012年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:37 Sep 25 2012

マイクロブログで「帰宅沈黙症」が話題に


 オフィスでは生き生きと歓談するのに、帰宅すると疲れきって無口になる人、またパーティーやつき合いの場では満面の笑顔なのに、家族や友人に対しては冷淡な人は多い。こうした会社とそれ以外の場で違う顔を持つ人たちは正常な感情の交流から脱線し、ひいては家族や友人からの精神的慰めを拒絶して人間関係上の苦境に陥ることがある。こうした症状は「帰宅沈黙症」と呼ばれる。

 改善方法

 1. 「帰宅沈黙症」の気がある人は、生活の細部を重視して生活の楽しみを見つけるよう努力すべきだ。感情の交流を重視して能動的に家族や友人と意思疎通を行い、よくない生活方式を変え、自分にとって本当に効果的なストレス解消法を選択するべきで、孤立や飲酒といった方法でストレス解消をすべきではない。

 2. 仕事の疲れから「帰宅沈黙症」になる人については、家族や友人が適時、適切に対応し、いらいらしている時や疲れている時には無理に交流させないほうがいい。同時に家族や友人は日常的な気遣いを重視し、耳を傾けて相手の気持ちを理解し、重圧の下にいる相手をより理解し気遣うべきである。

 3. 雇用機関は人間的な管理に対する重視を拡大し、従業員の業務と生活を同じように重視し、従業員に対してリラックスできる時間をより多く与えなければならない。

 4. 食生活を合理的にする。おいしい食事は気分を引き立てる重要なポイントだ。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年9月25日

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古