2010年8月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:04 Aug 02 2010

朝鮮メディア 「好戦的な米国が朝鮮半島の情勢を極度に悪化させる」


 朝鮮中央通信社が7月31日に「告発書」を発表し、米国の好戦的な分子の最近の活動が朝鮮半島情勢を「極度に悪化」させ、まさに「戦争前夜」の状態にあると同時に、東北アジア地区の平和と安定を深刻に破壊したと非難している。

 同文章では次のように述べている。米韓が先ごろ行った合同海上軍事演習はその規模や内容、地点、プロセスなどから朝鮮に対する先制攻撃のためのものであり、第2次朝鮮戦争発動の企ての「前奏曲」だ。米韓は年内にさらに10回以上の様々な軍事演習を行う予定で、これは米国が当該地区での武力を引き続き増強し、戦争をもてあそび、それにより朝鮮半島情勢をより「爆発的な危険な情況」へと推し進めるものだ。

 同文章ではまた次のようにも述べている。米国は過去を深く反省し、和平協定を結ぶという朝鮮の提案に応じるべきだ。米韓が新たな戦争を挑発することに固執するなら、朝鮮は全ての自衛力を用いて侵略者を一挙に殲滅する。

 米韓は7月25日から28日まで韓国東部の海域で大規模な合同海上軍事演習を行った。米国側からは空母「ジョージ・ワシントン」など艦艇20隻以上、F-22戦闘機など200機以上の軍用機が参加している。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古