2010年8月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Aug 09 2010

日本の外相が15日には靖国神社を参拝しないことを約束




 広島で原子爆弾投下から65周年の「原爆の日」を迎えた日に、日本の政府官僚は第二次世界大戦のもう一つの重要な問題である靖国神社の問題に対する態度を表明した。岡田外相は6日、8月15日に靖国神社を参拝することはないと表明した。今年の8月15日は日本が敗戦してから65年目の終戦記念日となる。

 岡田外相は同日、メディアの記者と会見した際に、8月15日に靖国神社を参拝するつもりはないと表明した。参拝しない理由について岡田外相は、靖国神社にはA級戦犯が合祀されているためで「内閣の大臣、特に外務大臣として、参拝するのは不適切だ」と述べた。日本のメディアは岡田外相のこの話から、外相はその他の内閣大臣も15日に靖国神社を参拝しないよう希望していることを暗示していると分析している。民主党は昨年9月に自民党に代わって政権をとって以来、主要な人物はいずれも靖国神社に参拝しない態度を表明している。

 同党初の首相だった鳩山由紀夫氏は昨年8月の選挙前に、もし当選したら靖国神社には参拝しないと態度を表明していた。現職の菅直人首相も6月の国会の質疑応答の際に、自分の首相在職期間は参拝しないと表明している。菅首相は当時「靖国神社にはA級戦犯が合祀されており、首相としても内閣大臣としても参拝に行くのは問題がある」と述べていた。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古