2010年8月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:11 Aug 11 2010

甘粛土石流災害、四川大地震と関係



 国土資源部の徐紹史部長は9日午後に開催された舟曲県の災害救援緊急会議で、今回の土石流災害の主な原因を5点にまとめた。

 第一が地質的、地理的原因。舟曲県は全国でも山崩れや土石流、地震の三大地質災害が多発する地域だ。徐部長によると、舟曲一帯は秦嶺西部の褶曲帯で山体の分化や破壊が深刻であり、地質災害が起こりやすい。

 第二は「5・12(5月12日)」の四川大地震で山体がゆるんだことだ。徐部長によると、舟曲はこの地震で被害が大きかった地区の一つで、地震により舟曲の山体がゆるんで山崩れが起こりやすくなった。一般に山体が地震前の水準に戻るには少なくとも3から5年かかる。

 第三が気象的な原因だ。今年、国内の大部分の地方は深刻な旱魃にみまわれ、岩体や土が縮小して亀裂が現れ、豪雨にみまわれると雨水が亀裂に浸入して地質災害が生じやすくなっていた。

 第四が短期間の豪雨や大雨だ。岩体に亀裂が生じたため、短期間での豪雨や大雨が岩体の奥深くに入り込み、岩体の崩壊や滑落を招き、土石流を生じることになる。

 第五が地質災害の突発性という特徴だ。徐部長によると、地質災害は潜在性、突発性、破壊力が大きい。今年国内で発生した地質災害の三分の一がモニタリング地点以外で発生しており、潜在性が強く、検査で確認することが難しい。そのためいったん災害が発生すると、損失が大きくなる。

 7日夜11時頃、舟曲県の政府所在地東北部の山の地域が突然降水量97ミリという豪雨にみまわれ、40分以上続いた豪雨により、三眼峪や羅家峪といった4地域で大規模な土砂崩れの災害が発生した。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年8月10日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古