2010年9月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:32 Sep 09 2010

日本の巡視船が釣魚島沖で中国の漁船に衝突



 日本・海上保安庁の巡視船が7日午前、釣魚島付近の海域で中国の漁船に衝突したが、幸いなことに死傷者は出なかった。

 外交部の宋涛副部長は7日、命令を受けて中国駐在日本大使の丹波宇一郎氏を呼び、日本海上保安庁の巡視船が釣魚島海域で中国の漁船を妨害した事件について厳重に抗議し、日本側に対して不法な妨害行為を停止するよう要求した。

 中国外交部の姜瑜報道官は7日の定例記者会見で、中国側は釣魚島及び付属の島嶼は古くから中国の領土だと強調しており、日本の巡視船が釣魚島付近の海域でいわゆる権利擁護活動や、中国の漁船や人員の安全を危険にさらすいかなる行為も行うことはできないと要求したと述べた。「我々はこの出来事を極めて重視しており、日本側に厳重な抗議を行った。」姜瑜報道官は、中国側は事態の発展を注視し、今後さらなる対応をとる権利を保留していると述べた。(編集YH)

 事件詳細:

 7日10時15分ごろ、乗組員15人を乗せた中国の漁船が釣魚島付近の海域で漁業活動を行っている際に、日本の海上保安庁の巡視船が現場に来て漁船に衝突。その後、日本側はさらに巡視船2隻を派遣して漁船を追跡し、同日午後1時ごろ巡視船の海上保安官22人が中国の漁船に乗り込み、漁船の航行停止を命令、また日本の「漁業法」に違反しているとして漁船を調査した。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年9月8日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古