2010年11月3日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:07 Nov 03 2010

ロシア外相が日本の抗議に「受け入れ難い」と反論


 ロシアのメドベージェフ大統領は1日、日本との間に争議が存在する南千島列島(日本語名称:北方四島)南端の国後島を視察した。これはロシアと旧ソ連の歴史上、国家元首としては初めての南千島列島視察となる。日本の菅直人首相はロシア大統領の行為に対して速やかに「非常に遺憾だ」と表明。ロシア外務省は「大統領は本国内での行動のルートを独自に確定する」と回答している。

 ロシア側はロシア駐在日本大使と会見

 メドベージェフ大統領が国後島を訪問した後、日本の菅直人首相は速やかに談話を発表し、ロシアの今回の行動は「非常に遺憾だ」と述べた。「北方四島は日本固有の領土であり、(メドベーシェフ)大統領の訪問は非常に遺憾だ。」菅首相は1日の国会でこのように述べている。

 日本側は日本駐在ロシア大使を呼び、厳正に抗議している。

 ロシア外務省はこれに対して、メドベージェフ大統領は「本国内での行動のルートを独自に確定し、外界がこれに対してどんな提案を行うことも、不適切であり受け入れることはできない」と述べている。ロシアのラブロフ外相は、ロシア側もロシア駐在日本大使を呼び、「ロシア側の立場」を説明するとしている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年11月2日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古