2010年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:35 Nov 23 2010

日本の柳田稔法務大臣が不適切な発言で辞任


 日本メディアが22日に伝えたところによると、日本の柳田稔法務大臣が先ごろ国会での問題答弁の際の不適切な発言の責任をとり、同日午前に辞職した。柳田法相は菅直人内閣で初めて辞任した大臣となる。法務大臣は仙石由人内閣官房長官が兼任する。

 報道によると、柳田法相は14日に公開の場で、法務大臣は国会答弁でわからないところがあった場合、「個別の事案については答えを差し控える」「法と証拠に基づいて適切にやっている」の二つだけを覚えておけばいいと発言した。

 柳田法相のこの発言が発表されると、日本のメディアや野党から大きく批判された。柳田法相はこの発言を撤回して謝罪したが、依然として強い世論の圧力に直面していた。自民党は22日午後、野党が多数を占める参議院で柳田法相の問責決議案を審議することを決定した。

 メディアによると、参議院で柳田法相の問責決議が通過すれば、最近下降を続けている菅直人内閣の支持率がさらに打撃を受けるとみられる。こうした状況下で、柳田法相は辞任を選ぶしかなかった。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年11月23日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古