2010年12月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:34 Dec 01 2010

朝鮮メディアがウラン濃縮施設稼動と報道


 朝鮮「労働新聞」が11月30日に伝えたところによると、朝鮮は軽水炉の建設を積極的に進めている。軽水炉への燃料提供を確保するために、数千台の遠心分離機を持つ現代的なウラン濃縮施設が稼動中だという。

 「原子力エネルギーの平和的開発利用は世界的趨勢」と題されたこの文章では、原子力エネルギーの平和的開発利用は一部国家に独占されるべきものではなく、発展途上国の剥奪されることのない権利だと述べている。文章では、現在西側の一部国家が不公正なダブルスタンダードの基準を推進し、一方ではその意図に叶う国家が原子力活動を行うのを黙認してそれら国家と原子力面での協力を行いながら、他方ではその意図に沿わない国家が平和的な原子力関連の活動を行うことを「問題」と見なしてそうした国家に圧力を加え、制裁を行っていると指摘している。

 同文章では次のように続けている。朝鮮の軽水炉建設は本国の原子力エネルギー工業の構造を改善し、朝鮮の日増しに拡大する電力ニーズを保障するためのもので、国際的な原子力開発利用の趨勢に完全に適合している。今後朝鮮は原子力エネルギーの平和的利用をより積極的に推進してゆく。

 朝鮮は11月中旬に米国の原子力専門家に寧辺地区のウラン濃縮施設を公開した。朝鮮の関係者によると、施設内に設置された2千台の遠心分離機が既に稼動しているという。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年12月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古