2010年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:59 Dec 06 2010

朝鮮が韓国に警告


 朝鮮は5日、軍事挑発行為がもたらす可能性のある結果を深く熟慮し、軽率な行動を起こさぬようにと警告した。

 朝鮮中央通信社は5日に授権発表したプレス・コミュニケで、次のように述べている。延坪島砲撃事件の後、韓国は引き続き米国との合同軍事演習を行うと発表、また韓国東部、西部、南部海域の29カ所で実弾砲撃訓練を実施するとしているが、そこには朝鮮近くの「西海五島」の一つである大青島が含まれている。これらの行動は軍事的に北朝鮮を刺激し、再びそれを口実に「報復計画」を実施し、戦火を起こそうと試みるものだ。

 韓国のこうした危険な挑発的行為により、朝鮮半島情勢は「コントロールしがたい極端な情況」に直面している。今後の事態の発展は「予測しがたい」。いったん朝鮮半島で全面的な戦争が勃発すれば、朝鮮半島だけでなく地域の平和と安定に深刻な影響を与える。関係各方面と世論は「朝鮮半島情勢が日増しに悪化している事態を深刻に注視」すべきである。

 プレス・コミュニケによると、朝鮮は現在、非常に冷静で抑制的な態度を保っているという。

 この前日、朝鮮は米国、日本、韓国が軍事同盟を結成し、朝鮮半島の平和を破壊し、アジアと世界の平和を深刻に脅かしていると非難している。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年12月6日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古