2011年3月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:30 Mar 01 2011

大規模な米韓合同軍事演習 朝鮮が報復を警告


 朝鮮祖国平和統一委員会が主催する「民族共助ネット」は23日に論評を発表し、米韓の合同軍事演習に反対、阻止するよう民族全体に呼びかけた。

 論説では次のように述べている。現在の朝鮮と韓国の関係が「深刻な危機の中」にあるとし、朝鮮半島の緊張は「一触即発」の状態にある。こうした情勢下で米韓が合同軍事演習を行うと、偶発的な事件がいつでも戦争へと転換することになる可能性がある。米韓合同軍事演習は朝鮮に対する「最も現実的な脅威」だ。朝鮮民族はかつて戦争の災難にみまわれたが、決して再び戦争にみまわれてはならない。

 報道によると、米韓両国は2月28日から3月10日まで、コードネーム「キー・リゾルブ」と「フォール・イーグル」と呼ばれる合同軍事演習を行う。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年3月1日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古