2011年10月17日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:40 Oct 17 2011

中国の国産戦闘機「飛豹」、演技飛行中に墜落


 中国陝西省西安市で13日から開催中の中国国際ジェネラル・アビエーション(GA)大会で14日、演技飛行していた中国の国産戦闘機「飛豹」が滑走路西側の空き地に墜落し、炎上した。

 現在、消防隊と医療隊が現場に向かっている。

 戦闘機を操縦していたパイロット2人のうち、1人はパラシュートで脱出に成功したが、1人は行方不明という。

用語解説

 「飛豹」とは中国が独自に研究開発した全天候型の超音速戦闘爆撃機。中国が独自開発した最先端の飛行制御システムとブースト制御システムを採用し、搭載設備の自動化を国産戦闘機としては初めて実現、中国で最先端のレーダーシステムを装備している。戦場では、主として縦深攻撃、海上や陸上ではターゲット攻撃などの戦闘任務を担い、多種多様な精密誘導兵器や非誘導兵器を搭載可能で、相手の防御範囲外から遠距離かつ精確な攻撃を仕掛けることができる。(編集YT)

 「人民網日本語版」2011年10月14日

  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古