2012年8月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:42 Aug 24 2012

日本が無人偵察機を購入 中国の監視用に


 日本政府は19日から、米国の無人偵察機「グローバルホーク」を2016年度から配備するかどうかの討論を行っている。配備の目的は中国の監視の強化だ。日本・毎日新聞の報道によると、日本政府は19日、2016年?2020年度の中期防衛整備計画の討論を行い、米国から無人偵察機「グローバルホーク」を導入することを検討しているという。「グローバルホーク」3機と解析設備一式で、費用は数百億円の見通しとなり、米軍と共同で使用する。

 報道によると、日本・防衛省は現在、P3C対潜水艦機やRF4E偵察機で日本周辺の防空任務を行っているが、近年、中国海軍の艦艇が太平洋に頻繁に出現することから、防衛の強化が必要と考えているという。(編集YH)

 「人民網日本語版」2012年8月24日

 

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古