2010年11月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:26 Nov 19 2010

米国GMが再びウォール街へ


 米国自動車大手のゼネラル・モータース(GM)は18日、ニューヨーク証券取引所で新規株式公開(IPO)を行い、17カ月の間離れていたウォール街へと再び戻った。

 GMは2009年6月に金融危機の影響から破産申請を行い、同社の株式はNY証券市場での上場廃止となった。その後、米国政府がこの100年の歴史を持つ自動車企業に495億ドルという救済資金を投入してGMの60.8%の普通株と21億ドルの優先株を所有、同社を再建した。

 大まかな計算によると、GMは今回のIPOで普通株4億7800万株を発行し、募集資金は約160億ドルとなる。もし価値50億ドルの優先株を含めると、GMは2008年に上場したVisaに換わり、米国市場で最も大規模なIPOとなる。(編集YH)

 「人民網日本語版」2010年11月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古