2011年12月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:39 Dec 16 2011

北京 11月前半の新規不動産販売契約はゼロ


 全国の大・中都市では第4四半期に入って以来、不動産価格の前期比での下落が目立っている。特に北京などの一線都市の一部では住宅価格下落が5割近くに達し、11月前半の新規不動産販売契約率がゼロとなっている。値下げを行なっている物件の多くは低迷する不動産市場の主力軍だ。不動産市場の転換点が本当に訪れたと言えるか否かについて、業界でも意見が分かれている。専門家は、今後の新規物件については値下げ幅にも限度があるものの、さらに多くの物件が値下げに踏み切ると見ている。(編集YH)

 「人民網日本語版」2011年12月16日

関連記事
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古