2010年3月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:42 Mar 30 2010

論理的に見る毒ギョーザ事件の捜査結果

 新華網などの中国メディアは26日、発生から2年間未解決だった「毒ギョーザ事件」がついに終局を迎え、呂月庭容疑者が逮捕されたと報じた。呂月庭容疑者は製造工場の職員で、賃金やその他の職員に対して不満があり、報復のためにギョーザに毒を混入したと供述している。警察はすでに犯行に使用された注射器を押収し、多くの証人と証言を集めている。

 このニュースが日本に伝わり、世間では大きな反響が起こり、『読売新聞』や『朝日新聞』などもこれを報じた。しかし、この事件がこれほど単純なことなのかと懸念を抱く人も少なくない。

 毒ギョーザ事件は複雑に思えるが、刑事面から見ると、ロジックがはっきりしている事件である。

 事件発生後、中毒の原因が有機リン系農薬(メタミドホス)であることが化学検査でわかった。また、兵庫県と埼玉県で見つかった毒ギョーザの包装袋には穴が開いていた。

 千葉県と兵庫県高砂市という離れた場所で同時に発生したことから、日本国内で誰かが故意に毒を混入したことは考え難い。税関で混入されたという見方については、2回にわたり毒が混入された食品が同時に到着せず、2つのルートを通り、異なるコンテナで異なる港に到着した。同じ製造業者のものなのに、別々に毒が混入された可能性は低い。

 さらに、日本ではとっくにこの農薬は使用されておらず、この農薬を入手し使用した可能性は低い。

 したがって、中国で毒が混入された可能性が非常に高い。

 その後、兵庫県警が押収した天洋食品の一口冷凍ギョーザから、メタミドホスの入った「毒ギョーザ」がさらに6袋見つかった。この6袋はいずれも2007年10月1日に製造された製品で、高砂市の被害者が食べたギョーザもこの6袋と同じ日に製造された同種製品だった。

 しかし検査結果には疑わしい点があり、この6袋の毒ギョーザはいずれも開封されておらず、メタミドホスは包装袋の外側から見つかった。中国側はこのような状態でも中毒を引き起こすことがあると検証している。

 これが事件の解決に大きな助けとなった。

 まずこの「毒ギョーザ」は中毒が発生していない場所からサンプリングしたもので、中国産ギョーザの質や衛生面に問題があるという可能性を排除し、「毒が混入された」という方向で解決を進めた。

 事件当初、被害者が食べ残したギョーザの皮から基準値の数百倍のメタミドホスが検出され、これほど高い濃度が残留農薬であるとは考えられず、このような農薬を使用する農民もいないことから、日本の警察の間では今回の事件が食品衛生と無関係で、毒を故意に混入した刑事事件であるとの見方もあった。

 これらのことから、製造工場で毒が混入された可能性が最も高く、日本側もそのように考えていた。中国は2007年1月に有機リン系農薬の生産を停止したばかりで、問題のギョーザは10月に製造され、これらの農薬はまだ入手が困難でなかった可能性もある。また、同じ工場内で製造された2製品が出荷後に異なるルートを通ったことから、毒を混入するチャンスは包装された後の輸送前しかない。

 こうして、容疑者が絞られた。これらのことを見ると、調査結果は非常に論理的だといえる。

 しかし、毒ギョーザ事件は解決までどうして2年もかかったのだろうか。

 この事件の解決について詳しいことはわからないが、これまでにわかっている状況からして、中国の警察は外国人関連の事件の解決において、推測で判断するのでなく、慎重な方法を一貫してとってきた。でなければ、事件に関して国外に説明することができない。犯罪を証明するには十分な証拠が必要である。

 例を挙げると、90年代、ある外国の有名企業家が北京で違法タクシーに強奪され、事件解決後、国外では中国の警察がごまかしているのではないかと考えられていた。元エンジニアの企業家は最終的に、特別な方法を思いつきやっと事実を確かめることができた。彼はその違法タクシーに乗り込み、タオルで目隠しをし、運転士になりきった警察に車を走らせエンジン音を鳴らすよう伝えた。企業家はエンジン音を聞き、あの日の車であることを確信した。

 ここから、事件に関して中国の警察がどれほど慎重であるかがわかる。今回のギョーザ事件も、容疑者は2008年に一時、身柄を確保されたが、当時は証拠がなかったため、必然的に調査が引き続き行われた。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年3月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古