ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
編集者の言葉
 中国にとって並々ならぬ1年となった2010年。今年起こった数々の大事件は、中国の今後を左右するとともに、国全体を一つにまとめ上げた。中国共産党の第17期5中全会による「第12次五カ年計画」草案の採択、北京-上海高速鉄道の全線開通、上海万博と広州アジア競技大会の開催、月探査衛星「嫦娥2号」の打ち上げ成功・・・
2010年の足跡を振り返ってみる一覧へ










【政治編】2010年、中国指導者の海外訪問の足跡

 中国と大国、周辺国、発展途上国との関係は今年、包括的で健全な発展を遂げた。ハイレベル交流も益々頻繁になり、胡錦濤国家主席ら指導者は数々の重大な国際会議への出席で成功を収めた。訪問の足跡は世界50カ国余りに及ぶ。胡主席らは中国の立場や主張を全面的に詳述し、責任ある大国としてのイメージを示した。[全文へ]

【経済編】2010年の中国経済十大データ

 2010年が終わりに近づくに当たり、今年の十大経済データを挙げてみた。これらの数字を通じて、今年の国民生活の「寒暖」や中国経済の緩やかな前進の歩みが見て取れる。[全文へ]

【社会編】ネット流行語から探る中国社会

 約4億人に上る中国のネットユーザーは今、大きな世論を作り上げています。ネット世論は今、中国社会における重要な世論監督手段の1つとなりました。ネット流行語はある程度、ネット生活における非常に代表的な事件を反映している。ネットではひとつの事件が風刺的書き込みの対象となり、生まれた流行語は大きな伝達力を有することになる。 [全文へ]

【経済編】2010年の最も力強い経済十政策

 中国経済網によると、2010年は中国経済にとって「最も複雑な一年」だった。この間、中国が直面したものは、グローバル経済の発展モデル、需給関係、統治構造などの調整と変化、そして外部環境がより複雑化する世界経済の局面だった。[全文へ]

【経済編】2010年 中国自動車業界の十大事件

 2010年は中国自動車業界にとって、例年と大きく異なる年だった。一年間に中国自動車業界に起きたさまざまな事件を整理すると、中国自動車市場の発展の足跡がうかがえる。こうした事件によって中国市場全体が世界の注目の的となったのであり、どの事件も振り返るに値するだけの意味をもっている。[全文へ]

ランキングいろいろ
投票