両会の経済20キーワード・後編

 

      ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集|中国投資|RSS|過去の記事

(11)デフレーション

▽政府担当者の説明  
 中国人民銀行の易綱・副頭取:中央銀行はデフレーションの防止を強調している。これは物価が更に低下することを防ぐと同時に、デフレーションに対応する貨幣政策ツールがあるためである。
▽両会出席者の声
  政協委員、国務院発展研究センター対外経済研究部の張小済・部長:簡単にデフレと言うべきでない。現在単に価格が低下しているだけだ。
▽記者のコメント  
 政協委員、国務院発展研究センター対外経済研究部の張小済・部長:簡単にデフレと言うべきでない。現在単に価格が低下しているだけだ。[more]

関連記事

社会科学院「地域青書」経済の安定を5方面から支援

 

外資自動車メーカーの増資、地方で審査へ

 

内陸部と香港間に多通貨決済システムが構築へ

 

全人代代表 500元札・1000元札の発行を提案

 

新エネルギー車の普及に力 4部門共同でプラン制定

 

中国の欧州訪問投資団、自動車や省エネ分野で協力へ

 

金融危機、GDPより就業に大きなダメージ

 

6つのデータからみる中国の経済情勢

 

4兆元投資、インフラ建設が中心に 発展改革委

 

海外メディア、中国の「GDP8%成長維持」目標を積極評価

 

国務院発展研究センター「最初の復調は自動車産業に」

 

中国の一人当たりGDP、初の3千ドル台に

 

政府活動報告、中央財政の1兆1800億元投資を確認

 

中国両会、焦点は金融危機

 

両会代表、危機への対処に自信

 

経済刺激プランに期待、アジア株式市場に活気

 

前編

(12)貸付増加

▽政府担当者の説明  
 中国人民銀行の周小川・頭取:1月の貸付増加幅は予想をやや上回ったが、特殊な時期でもある。速く、慎重に手を打つべきである。
▽両会出席者の声  
 政協委員、中国人民銀行の蘇寧・副頭取:今年1、2月の貸付増加速度が速いことには多くの原因があるが、通年で見ると、ほぼ正常な速度で増加している。
▽記者のコメント  
 年の貸付額は5兆元以上を目標とし、1月と2月ですでに53.8%に達した。貸付放出のバランスをとることは、現在銀行にとって最も重要な考慮事項となっている。[more]

(13)中小企業の融資難

▽政府担当者の説明  
 銀行監督管理委員会の王兆星・副主席:銀行貸付にだけ頼り、中小企業の融資困難問題を解決することは難しい。
▽両会出席者の声  
 張世珍・政協委員:中小企業の税収支援に力を入れ、企業所得税率を引き下げるなどの措置で企業の税コストを引き下げ、中小企業の事業と経営活力を高める。
▽記者のコメント  
 中小企業の融資解決は商業銀行に頼るだけではいけない。多層的な融資体系の確立において、特に現在の状況下では、IPO再開、創業板の開設が重要である。[more]

(14)銀行の資産の質

▽政府担当者の説明  
 銀監会の劉明康・主席:2月の貸付金新規増加額のデータはまだ発表されていないが、データがなくても銀行の資産の質は低下していると言える。
▽両会出席者の声  
 政協委員、中国工商銀行の楊凱生・頭取:1、2月の同行の中小企業向け不良債権の残高は9億8500万元減少し、不良債権率は1.83%まで低下した。
▽記者のコメント  
 現時点で銀行業全体の資産質量はまだ低下していないが、貸付金が大企業や大型プロジェクトに多く集中して放出されることに十分警戒しなければならない。[more]

(15)就業

▽政府担当者の説明  
 人力資源和社会保障部の尹蔚民・部長:国際金融危機の影響を受け、中国の経済成長は速度を落とし、就業にも直接影響を及ぼしている。
▽両会出席者の声  
 政協委員、中央財経大学証券先物研究所の賀強・所長:2500万人の出稼ぎ労働者と600万人の大学卒業生の就業問題をなんとしても解決しなければならない。
▽記者のコメント  
 中国にとって、就業は人の生存や社会の安定とも関係する。幸い、就業の安定を図り経済成長を維持するという目標はすでに政府部門と業界の共通認識となっている。[more]

(16)人民元の国際化

▽政府担当者の説明  
 中国人民銀行の易綱・副頭取:客観的に見て、危機は人民元国際化を促す可能性があるが、努力して推し進める必要もない。
▽両会出席者の声  
  国家税務総局の許善達・前副局長:貨幣鋳造税は巨額な世界財産であり、人民元国際化を加速させるだろう。
▽記者のコメント  
 人民元の国際化は必然的動向である。中央銀行は現在、人民元建て貿易決済の試行を進めているが、易綱氏が述べたように人民元国際化は「超車(追い抜く)心理」を避ける必要がある。しかし好機を逃してもいけない。[more]

(17)外貨準備の使用

▽政府担当者の説明  
 中央銀行の易綱・副頭取:外貨準備の運用では安全性、流動性、収益性の原則を考えなければならない。
▽両会出席者の声  
 政協委員、中国人民銀行の蘇寧・副頭取:外貨資産は中央銀行の負債で、財政収入ではない。国内消費に使用したり、人民元に換える必要があれば、中央銀行の圧力は増大するだろう。
▽記者のコメント  
 安全を保証するだけでなく、ある程度の収益も得られるというのは、外貨準備の運用において最も理想的な状態である。[more]

(18)不動産価格

▽政府担当者の説明  
 住宅・都市と農村建設部の齊驥・副部長:東部の一部都市では、不動産価格が一般民衆の支払える水準を越えている。
▽両会出席者の声  
 全人代、杭州娃哈哈集団有限公司の宗慶後・董事長:民衆の住宅問題を解決するには、不動産価格の合理性を元に戻す措置を打ち出さなければならない。
▽記者のコメント  
 不動産価格を合理的にすることは、民衆の望みや価格が戻り販売が増加するということだけでなく、不動産企業と業界にとってもメリットである。[more]

(19)両率の引き下げ

▽政府担当者の説明  
 中国人民銀行の易綱・副頭取:デフレ対策として中央銀行には十分な貨幣政策ツールがある。ゼロ金利は中国にとって必ずしもベストな選択ではない。
▽両会出席者の声  
 政協委員、中国人民銀行の蘇寧・副頭取:現在、中国の貨幣政策コントロールの余地は十分にある。5度の利率調整を経て引き下げ余地は縮小されたが、まだ残されているはずだ。
▽記者のコメント  
 市場の十分な流動性を維持するため、中央銀行の手元には準備措置が多くあり、通年のマネーサプライM2伸び率は17%に達する見通し。しかし利率の引き下げはより慎重となる。[more]

(20)財政赤字

▽政府担当者の説明  
 財政部の謝旭人・部長:積極的な財政政策の実施により財政収支差額は拡大し、中国の財政赤字は大幅に拡大する。赤字補填のため、国債を追加発行すべきである。
▽両会出席者の声
  政協委員、財政部科学研究所の賈康・所長:今年の赤字額は跳ね上がるが、GDP成長率の3%を占めるに止まり、安全な範囲内と言える。
▽記者のコメント
 経済成長率を維持する上で、マクロ経済調整を目標とし、積極的な財政政策を行うにはある程度の犠牲が必要となる。財政赤字がその一つである。[more]
 

このウェブサイトの著作権は人民日報社にあります。


掲載された記事、写真の無断転載を禁じます。


Tel:日本(03)3449-8257、080-5077-8156(24時間)  北京 (010) 5820-3719 MAIL:[email protected]