ホーム|経済 | 社会・生活 | 政治 | 文化・科学技術 | 中日 | 評論 | 写真 | 動画 | 特集 | 投資 | RSS | 過去の記事 | 最新記事
  • G20金融サミットで胡錦濤主席が重要演説

     主要20カ国・地域(G20)金融サミットが2日、英国の首都ロンドンで開催された。会議は2段階に分けて行われ、マクロ経済政策の協調強化、国際金融市場の安定、国際金融システム改革の推進などについて各国首脳が意見交換した。中国からは胡錦濤国家主席が出席し、「手を携えて協力し、同舟相救う」と題する重要演説を行った。[全文へ]

  写真による報道
第2回サミットの約束とトピック
3つの約束
(1)金融市場を安定化させ、家族と企業が不況を切り抜けるのを助けるために必要となる、あらゆる措置を取る。
(2)世界の金融・経済システムを改革・強化し、自信と信頼を回復する。
(3)持続可能な発展の軌道に世界経済を乗せる。
6つのトピック
(1)世界経済の再生
(2)国際通貨基金(IMF)の増資
(3)融資の回復
(4)金融監督の強化
(5)保護主義への反対
(6)発展途上国の支援 [詳しい内容]
主要20カ国会議(G20)
  • 目的:先進国と新興市場国との間の実質的な問題についての議論と研究を進め、メンバー国間の協力を深めると同時に、国際金融の安定と持続的な経済発展を促進する。
    加盟国・団体:米国、日本、英国、ドイツ、フランス、イタリア、カナダの西側先進7カ国に加え、欧州連合(EU)、中国、ブラジル、インド、ロシア、韓国、アルゼンチン、オーストラリア、インドネシア、メキシコ、サウジアラビア、南アフリカ、トルコが加盟。
        中国はG20立ち上げからの加盟国であり、05年には、第7回G20財務大臣・中央銀行総裁会議を開催国として成功させた。
地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古