ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
中国-ASEAN金融協力・発展フォーラムが閉幕
 中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の指導者が金融分野の協力と発展について話し合う中国-ASEAN金融協力・発展リーダーフォーラムが21日、広西チワン族自治区南寧市で閉幕した。フォーラムでは「共同宣言」が採択され、双方の金融協力強化に向けた新たなメカニズム構想が打ち出され、協力の方向性が明確になった。
編集者付記
 「第6回中国ASEAN博覧会」が10月20日から24日まで広西チワン族自治区で開催される。国際金融危機を背景として、特別展覧のテーマには金融問題が選ばれた。「第6回中国ASEANビジネス投資サミット」も同期間に開かれることになっている。
関連写真
中国-ASEAN博覧会に「日本の美」
中国-ASEAN博覧会に「日本の美」
第6回中国ASEAN博覧会 金融展を新たに開設
第6回中国ASEAN博覧会 金融展を新たに開設
第6回中国ASEAN博覧会 プロジェクト調印式を実施
第6回中国ASEAN博覧会 プロジェクト調印式を実施
開幕式で挨拶する李克強副総理
開幕式で挨拶する李克強副総理
開幕式式場に入ろうとする賓客
開幕式式場に入ろうとする賓客
博覧会でサービスする女の子たち
博覧会でサービスする女の子たち
最新報道一覧へ

中国-ASEAN金融協力 地域金融安定など3目標

中国-ASEAN金融協力・発展リーダーフォーラムが21日、広西チワン族自治区南寧市で閉幕した。フォーラムでは「共同宣言」が採択され、▽地域金融の安定維持▽地域内通貨協力の強化▽地域内資本協力の促進ーーという3つの目標が打ち出された。[全文へ]

華商が集結、広西・北部湾経済区に25億元投資

 海外在住の中国系企業経営者(華商)が一堂に会する2009年海外華商相聚中国-ASEAN博覧会、および広西チワン族自治区北部湾エリアにおけるプロジェクトをめぐる広西北部湾経済区プロジェクト推奨説明会が21日、同自治区南寧市で開催された。[全文へ]

中国-ASEAN投資協力基金 年内にも始動

 中国進出口銀行の李若谷行長(頭取)が21日、中国-東南アジア諸国連合(ASEAN)投資協力基金の推奨説明会で述べたところによると、同基金は総規模が100億ドルに上り、すでに設立の段階に入っている。[全文へ]

中国がマレーシアの一番目の貿易相手国に 8月

 マレーシア統計局が今月9日に発表した公告によると、今年8月、マレーシアの対中輸出額が前年同期比0.98%増加し、前月比では10.3%増加し、中国は初めてシンガポールを抜き、マレーシアの一番目の輸出国になった。[全文へ]

ASEAN、広西第2の外資由来地域に 年40%増

 広西チワン族自治区商務庁によると、東南アジア諸国連合(ASEAN)が同自治区に流れ込む外貨の主な由来地域の一つになっており、同自治区に投資する国や地域の中で実行ベースと契約ベースを合わせた外資導入額が2番目に多いという。[全文へ]

第6回中国・ASEAN博覧会の注目点
(1)今年の重点テーマは「税関とビジネス界との協力」
(2)商品貿易、投資協力、先端技術、「魅力的な都市」の4テーマを設定
(3)農業テーマ展と金融サービス展を新たに設置
(4)ハンガリーやマダガスカルなどの国が初めて参加
(5)2010年に予定通り完成する見込みの中国・ASEAN自由貿易圏が大きな注目を集めた
中国とASEAN、関係発展の歴史
  • 1991年に中国とASEANは正式に対話を開始した。
  • 1996年3月、中国はASEANの全面的対話パートナー国への昇格の意志を明確にした。
  • 1997年12月、江沢民国家主席(当時)は第1回中国・ASEAN首脳会議に出席。
  • 2002年11月に行われた第6回中国・ASEAN首脳会議で、2010年の中国・ASEAN自由貿易圏建設という目標が確定された。
    【詳しい内容はこちら】
経済特集