新型プリウスのブレーキ不具合に関するクレームが相次いだことから、トヨタ自動車は8日、早くて今週以内に、日本に次いで米国における回収を行うことを明らかにした。これまでにもアクセルペダルの不具合など一連の問題があったため、米国ではトヨタの安全性への不信感が高まっている。このため、トヨタはできるだけ早い対応が必要と考え、今回の回収を決定した。トヨタは米国で新型プリウス10万台を回収。対象車は日米合計で27万台に上る。
アンケート調査
今回のトヨタの大規模リコールについて、どう思いますか?
トヨタのリコールは責任感の表れだ。これからもトヨタ車を支持する。
トヨタに失望した。トヨタ車の品質を疑う。
複雑な気持ちで、うまく説明できない。
リコール対象車 一覧へ
RAV4

RAV4

カローラ

カローラ

カムリ

カムリ

アバロン

アバロン

プリウス

プリウス

ヴェンザ

ヴェンザ

ヤリス

ヤリス

レクサス・ES350

レクサス・ES350

ハイランダー

ハイランダー

関連動画一覧
トヨタ 浙江省のドライバーに対する補償措置を承諾 昨年末以降、トヨタ自動車をめぐる騒動が絶えない。大規模リコールにより、ブランドイメージも大きな影響を受けている。トヨタはこのほど、浙江省工商局による5つの申し入れを受諾、中国在住の中国人消費者に対して初となる補償措置を行うことを正式に承諾した。

昨年末以降、トヨタ自動車をめぐる騒動が絶えない。大規模リコールにより、ブランドイメージも大きな影響を受けている。トヨタはこのほど、浙江省工商局による5つの申し入れを受諾、中国在住の中国人消費者に対して初となる補償措置を行うことを正式に承諾した。

トヨタ、米国で集団訴訟 巨額の賠償も 大規模なリコール事件が発生後、トヨタ自動車は米国で多くの集団訴訟に直面している。一連のリコール事件の影響による損失額は数十億ドルに達すると推定される....

大規模なリコール事件が発生後、トヨタ自動車は米国で多くの集団訴訟に直面している。一連のリコール事件の影響による損失額は数十億ドルに達すると推定される....

トヨタの次はホンダが米国で45万台をリコール ホンダは16日、北米市場でブレーキペダルに不具合が生じる可能性のある約45万3千台をリコールすることを発表した。ホンダにとっては、2月10日にエアバックの不具合で約43万台をリコールしたのに続く、大規模なリコールとなる。

ホンダは16日、北米市場でブレーキペダルに不具合が生じる可能性のある約45万3千台をリコールすることを発表した。ホンダにとっては、2月10日にエアバックの不具合で約43万台をリコールしたのに続く、大規模なリコールとなる。

トヨタ、中国での販売台数が減少 トヨタ自動車のリコール事件の影響を受け、中国でもトヨタ車の販売台数が減少を始めている。今年1月、トヨタの中国での売り上げは、前月比16%以上減少した。

トヨタ自動車のリコール事件の影響を受け、中国でもトヨタ車の販売台数が減少を始めている。今年1月、トヨタの中国での売り上げは、前月比16%以上減少した。

トヨタ、中国で80万台の販売目標はそのまま トヨタの豊田章男社長は米国の公聴会を終えると中国に直行して謝罪し、日増しに落ち込む市場シェアを回復しようと国内の消費者にトヨタ車の安全性を訴えた。3月1日夜に行われた記者会見で豊田章男社長は、「トヨタはグローバル品質特別委員会を設立し、技術力調査体制をはじめ、人材育成に取り組み品質管理を強化する。

トヨタの豊田章男社長は米国の公聴会を終えると中国に直行して謝罪し、日増しに落ち込む市場シェアを回復しようと国内の消費者にトヨタ車の安全性を訴えた。3月1日夜に行われた記者会見で豊田章男社長は、「トヨタはグローバル品質特別委員会を設立し、技術力調査体制をはじめ、人材育成に取り組み品質管理を強化する。

豊田社長が公聴会に出席 会見では涙も トヨタ自動車の豊田章男社長は24日、米国で開かれた公聴会に出席し、安全問題に関して謝罪を行った。豊田社長は、トヨタが今後、自動車の安全性を全面的に高め、消費者の信頼を得ていくことを承諾した。

トヨタ自動車の豊田章男社長は24日、米国で開かれた公聴会に出席し、安全問題に関して謝罪を行った。豊田社長は、トヨタが今後、自動車の安全性を全面的に高め、消費者の信頼を得ていくことを承諾した。

トヨタリコール問題 米公聴会がスタート トヨタの勝敗を決める米国の公聴会が24日にスタートした。初となる公聴会で、トヨタの北米業務担当者はリコール処理の遅れについて重ねて謝罪の意を表明した。米議員らは3時間にわたり発言を続けたほか、レクサスを運転中、急加速を体験したというドライバーも招かれ、品質問題について涙ながらに語る一幕もあった。

トヨタの勝敗を決める米国の公聴会が24日にスタートした。初となる公聴会で、トヨタの北米業務担当者はリコール処理の遅れについて重ねて謝罪の意を表明した。米議員らは3時間にわたり発言を続けたほか、レクサスを運転中、急加速を体験したというドライバーも招かれ、品質問題について涙ながらに語る一幕もあった。

トヨタをつぶしても米自動車業界は救えない あるアナリストは、「米国の自動車業界は高すぎる製造コストという苦境に直面している」と指摘する。米国の自動車業界には、コストが高すぎる、労働者の福利厚生が多すぎるなどの問題点が存在する。

あるアナリストは、「米国の自動車業界は高すぎる製造コストという苦境に直面している」と指摘する。米国の自動車業界には、コストが高すぎる、労働者の福利厚生が多すぎるなどの問題点が存在する。

前原国土交通相 トヨタリコールについてコメント 前原誠司国土交通相は23日、政府が自動車のリコール制度見直しに着手したことを表明した。前原大臣はまた、トヨタは同社の大規模リコールに関する米下院監視・政府改革委員会の公聴会に、真剣かつ責任感ある態度で望むべきだと述べた。

前原誠司国土交通相は23日、政府が自動車のリコール制度見直しに着手したことを表明した。前原大臣はまた、トヨタは同社の大規模リコールに関する米下院監視・政府改革委員会の公聴会に、真剣かつ責任感ある態度で望むべきだと述べた。

米公聴会 トヨタ自動車に「質問攻め」 米国トヨタ自動車販売の社長を務めるジム・レンツ氏は米国の首都ワシントンで23日、米下院エネルギー・商業委員会の公聴会に出席し、証言を行った。レンツ氏は同日、同社の安全問題に対する対応の遅れについて謝罪の意を表したが...

米国トヨタ自動車販売の社長を務めるジム・レンツ氏は米国の首都ワシントンで23日、米下院エネルギー・商業委員会の公聴会に出席し、証言を行った。レンツ氏は同日、同社の安全問題に対する対応の遅れについて謝罪の意を表したが...

トヨタ 07年のリコールで1億ドル以上節約 21日に明らかになったトヨタ自動車の内部文書により、トヨタがだいぶ前から急加速の問題を重要な安全問題として認識していたものの、07年には米国との交渉を通じて限定的なリコールを実現し、1億ドル以上のコストを節約していたことがあきらかになった。

21日に明らかになったトヨタ自動車の内部文書により、トヨタがだいぶ前から急加速の問題を重要な安全問題として認識していたものの、07年には米国との交渉を通じて限定的なリコールを実現し、1億ドル以上のコストを節約していたことがあきらかになった。

米、6年前からトヨタ車欠陥を把握 なぜ今になって? 米State Farm Insurance Cosはこのほど、トヨタ車が走行中に突然加速し、事故を引き起こすとする報告が、04年2月にはすでに米国高速道路交通安全局(NHTSA)になされていたことを明らかにした。

米State Farm Insurance Cosはこのほど、トヨタ車が走行中に突然加速し、事故を引き起こすとする報告が、04年2月にはすでに米国高速道路交通安全局(NHTSA)になされていたことを明らかにした。

日本メディア トヨタ社長を「不誠実」と批判 トヨタ自動車の豊田章男社長が行った謝罪会見に対し、日本のメディアは、「豊田社長の謝罪と説明は、顧客と大衆のトヨタに対する疑惑と不安を解消するには至らない」との見方を表している。

トヨタ自動車の豊田章男社長が行った謝罪会見に対し、日本のメディアは、「豊田社長の謝罪と説明は、顧客と大衆のトヨタに対する疑惑と不安を解消するには至らない」との見方を表している。

トヨタ危機 対応の悪さ目立つ トヨタ自動車リコール事件の波は未だ収まらない。トヨタは積極的にイメージ改善に努めているが、リコール事件の初期や、事件の兆候が現れ始めた時期を振り返ってみると、トヨタの対応の悪さが目立った。

トヨタ自動車リコール事件の波は未だ収まらない。トヨタは積極的にイメージ改善に努めているが、リコール事件の初期や、事件の兆候が現れ始めた時期を振り返ってみると、トヨタの対応の悪さが目立った。

罰金、裁判、巨額の損失、、トヨタに大打撃 09年年末から現在までに、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」のブレーキの不具合問題に関して、トヨタには米国と日本からクレーム100件以上が寄せられている。

09年年末から現在までに、トヨタのハイブリッドカー「プリウス」のブレーキの不具合問題に関して、トヨタには米国と日本からクレーム100件以上が寄せられている。

トヨタ、24時間以内の事故対応制度を整備へ トヨタ自動車の豊田章男社長は、米下院監視・政府改革委員会が24日に開く公聴会に出席し、製品の安全対策について直接説明する考えを明らかにしており、19日から発言内容の調整を行っている。

トヨタ自動車の豊田章男社長は、米下院監視・政府改革委員会が24日に開く公聴会に出席し、製品の安全対策について直接説明する考えを明らかにしており、19日から発言内容の調整を行っている。

トヨタ 「リコール隠し」が露呈 米国議会がこのほど受け取った最新の文書により、日本トヨタ自動車が資金節約のため、リコール対象車を減らすよう米政府と交渉していたことが明らかとなった。

米国議会がこのほど受け取った最新の文書により、日本トヨタ自動車が資金節約のため、リコール対象車を減らすよう米政府と交渉していたことが明らかとなった。

トヨタ、米国市場トップの地位失う 取って代わったのはホンダ リコール事件の影響を受け、トヨタの米国での売り上げは近頃、急速に下降している。最新の統計によると、トヨタはすでに米国市場における自動車売り上げトップの地位を失ったという。

リコール事件の影響を受け、トヨタの米国での売り上げは近頃、急速に下降している。最新の統計によると、トヨタはすでに米国市場における自動車売り上げトップの地位を失ったという。

トヨタ、 米国で新型プリウスのリコール決定 新型プリウスのブレーキ不具合に関するクレームが相次いだことから、トヨタ自動車は8日、早くて今週以内に、日本に次いで米国における回収を行うことを明らかにした。

新型プリウスのブレーキ不具合に関するクレームが相次いだことから、トヨタ自動車は8日、早くて今週以内に、日本に次いで米国における回収を行うことを明らかにした。

トヨタ社長「日本でも2車種をリコール」 トヨタ自動車の豊田章男社長と佐々木真一副社長は17日夜、東京で記者会見を開き、トヨタのリコール問題の進展および、品質管理改善について説明を行った。

トヨタ自動車の豊田章男社長と佐々木真一副社長は17日夜、東京で記者会見を開き、トヨタのリコール問題の進展および、品質管理改善について説明を行った。

トヨタ、中国で7万台以上のRAV4をリコール トヨタの発表した情報によると、アクセルペダルの不具合により、天津一汽トヨタは欠陥が取り除かれていないRAV4車両の販売を停止するとともに、リコール対象車については無料で修理を行うという。

トヨタの発表した情報によると、アクセルペダルの不具合により、天津一汽トヨタは欠陥が取り除かれていないRAV4車両の販売を停止するとともに、リコール対象車については無料で修理を行うという。

トヨタ車 エンストで米国が調査開始 「スポーツ用多目的車(SUV)横転事故に関する訴訟」「フロアマットが原因の事故」「車体フレーム腐食によるリコール」に引き続き、このほどトヨタは米国において、再び品質問題に直面している。

「スポーツ用多目的車(SUV)横転事故に関する訴訟」「フロアマットが原因の事故」「車体フレーム腐食によるリコール」に引き続き、このほどトヨタは米国において、再び品質問題に直面している。