2010年4月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:40 Apr 16 2010

アクセス案内



 ▽上海万博会場への交通手段

 上海万博見学に便宜を図るために、上海は地上、地下、水上の都市総合交通体制と万博交通機関のネットワークを構築することに力を入れている。来場者は、地下鉄、バスとフェリーなど数種の交通機関で、上海万博会場に到着できる。

 上海万博会場は1カ所の地下鉄ゲート、8カ所の地上ゲート、4カ所の会場外の水門と3カ所の会場内の水門を設置する。

 地下鉄ゲート:

 浦西万博会場ーーー地下鉄13号線馬当路駅ゲート

 地上ゲート:
 
 浦西万博会場ーーー魯班路ゲート、西蔵南路ゲート、半淞園路ゲート

 浦東万博会場ーーー白蓮涇ゲート、高科西路ゲート、上南路ゲート、長清路ゲート、後灘ゲート

 ▽上海万博会場内の移動手段

 会場内でのメーン移動手段は歩道である。

 会場は黄浦江の両岸に分布しており、各ゾーンは遠く隔たれていて、上海万博組織者は、会場内では「地下鉄をメーンにし、バスを基礎にし、フェリーを補助とする」交通機関の運営体制を作成した。

 会場内の地下鉄:万博専用路線の13号線は馬当路駅(9号線と乗り換え可)、盧浦大橋駅、万博大道駅の間を往復する。浦東、浦西会場の越江の交通機関になる。

 会場内のバス :5本のバス(3本のバスコース、2本の補助観光コース)は、浦東、浦西会場の見学に利用され、また浦東、浦西会場の越江の交通機関になる。

 会場内のフェリー:6カ所のフェリーの埠頭を利用して、5本の越江フェリーコースを設け、浦東、浦西会場をつなぐ水上交通機関になる。





 
 




関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古