2008年12月10日    中国語版日本版
更新時間:11:01 Dec 10 2008

「中日経済シンポジウム」の背景と特徴

 人民日報社と日本経済新聞社が共催する「中日経済シンポジウム」は、当時の胡耀邦総書記の呼びかけで1984年に開始され、これまでに11回にわたって開催されてきた。中日両国の主流メディアによる制度化された協力プロジェクトであり、中日両国の経済界にとって対話・交流のための重要なプラットホームとなっている。ここ20年余り、中日関係は不断の発展を続けながらも、数々の困難を経験してきた。両国関係が最も難しい時期にも、中日経済シンポジウムは途切れることなく開催され、両国経済関係の不断の発展に積極的に貢献してきた。

 これまで各回のシンポジウムは、中国経済の注目点や両国の共通の関心である経済貿易協力などのトピックをめぐって行われてきた。スピーチに招かれた人々はいずれも、中日経済界の権威者や著名な企業家ばかりだ。発言者各位は、各テーマに立ち入った検討を加え、中日経済協力の開拓と深化を促す提言を行ってきた。胡耀邦、李鵬、朱鎔基、温家宝、中曽根康弘、宮澤喜一、村山富市、小渕恵三、小泉純一郎(敬称略)ら両国指導者はいずれも、シンポジウムの主要代表と会見したり、討論会に祝辞を送ったりしてきた。シンポジウムは、2年ごとに中日両国で交互に開かれている。

 「人民網日本語版」資料

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古