メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事文字
現在位置:人民網日本語版>>黒竜江
更新時間:12:43 Dec 07 2008
「鶴の故郷」、チチハル・扎竜自然保護区
元画像のサイズ:3000ピクセル×2266ピクセル ファイルサイズ:570KB
元画像のサイズ:3507ピクセル×2592ピクセル ファイルサイズ:1132KB
黒竜江省斉斉哈爾(チチハル)市から南東30キロのところにある扎竜(ジャロン)自然保護区は、中国でも有名な水禽の自然保護区だ。総面積は21万ヘクタール。保護区内は低いくぼ地で、河川が豊かに流れ、湖が多く分布していることから、水禽の生息・繁殖に適した場所となっている。

統計によると、同保護区に生息する水禽は296種類に上る。うち、鶴の種類が最も多く、世界的にも有名だ。世界にいる15種類の鶴のうち、9種類が中国に生息、扎竜では6種類が見られる。このため、チチハルは「鶴の故郷」とも呼ばれている。(編集SN)

「人民網日本語版」 2008年12月03日

*「人民図片網」の文字が入った写真の著作権は本サイトに属します。いかなるウェブサイト、新聞・雑誌、テレビ局も人民図片網の許可なく、写真の一部および全体の複製・転載を行うことを禁じます。購入をご希望の場合は、人民網(86-10?58203978・E-mail:[email protected])までご連絡ください。
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
麻生首相、中央電視台のインタビューに応える 麻生首相、中央電視台のインタビューに応える