メールマガジン登録
I-mode登録
ホーム|五輪|文化|経済|社会|政治|中日交流|評論|科学技術|写真|動画|転載|過去の記事|文字
現在位置:人民網日本語版>>パラリンピック>>公式情報
更新時間:11:16 Sep 19 2008
聖火走者の金晶さんが大統領の招待でフランス訪問
金晶さんとサルコジ大統領
 招待を受けてパリ訪問中の中国人聖火走者・金晶さんは18日夜、フランス大統領府で行われたパラリンピック選手のための慰労パーティーに出席し、サルコジ大統領から厚い歓待を受けた。中国新聞社が伝えた。

 サルコジ大統領は、障がいに負けず志を貫き、全力を尽くして戦った各選手の精神に強い称賛と敬服の意を表し、北京パラリンピックで彼らが見せたすばらしいパフォーマンスと成績を祝福した。

 サルコジ大統領はまた、金晶さんのフランス訪問を「中仏友好の表れ」と表現。自身が中仏友好を格別に重視し、全てのフランス国民と共に金晶さんの訪問を熱烈に歓迎しており、そのフランス訪問は中仏友情の表れであることを、金晶さんに特に語りかけた。

 サルコジ大統領はさらに「金晶さんは聖火リレーで襲われた際、人々を敬服させる強靱な勇気を示した。これは彼女の祖国に誇りを抱かせ、またオリンピック精神を大いに発揚した」と指摘した。

 今年4月7日、障がいのある中国人女性の金晶さんは、パリで行われた北京五輪聖火リレーに参加した際、「チベット独立」分子に襲われながらも、勇敢に聖火を守り通した。金晶さんへの「チベット独立」分子の襲撃は、人々に憤りを呼んだ。事件後、サルコジ大統領は特使を派遣し、訪中時にはわざわざ金晶さんを見舞った。(編集NA)

 「人民網日本語版」 2008年09月19日
関連記事
印刷版 ホームへ
注目ポイント
[ V ]動画
北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催 北京パラリンピック聖火、採火式とリレー開始式が開催