2008年12月7日    中国語版日本版
更新時間:12:40 Dec 07 2008

パナソニック、三洋の買収価格を引き上げ GSとの交渉難航

 すでに基本合意に達しているパナソニックの三洋買収交渉が、買収価格の問題で難航している。日経新聞の報道によると、パナソニックは4日、買収価格を10円引き上げ、1株130円を提示した。だがゴールドマン・サックス(GS)の希望する1株250円との差は依然として大きい。「新京報」が伝えた。

 パナソニックは現在、三洋の3大株主が持つ優先株4億3千万株の買収を進めている。これらの株式は三洋株の70%を占めるが、そのうちGSは29%を保有している。GSの06年の購入価格は1株70円だった。パナソニックは、4月前までに三洋の子会社化を完了する計画だ。

 三洋電機は現在、中国市場に30社以上の合弁会社を持っている。そのうち、三洋は、株式保有率3割で大連冷凍機の持ち株会社となっている。また合肥三洋にとっては、株主保有率29.51%の第2の大株主だ。(編集MA)

 「人民網日本語版」2008年12月5日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>日本が麻雀を世界遺産に申請、なぜ我々が不満を抱くのか?
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古