2008年12月7日    中国語版日本版
更新時間:12:41 Dec 07 2008

中日両国の文化ギャップと環境保護格差(1)

 「中日青少年友好交流年」記念行事の一環として、日本政府の招待を受けて中国が派遣した大型団体「中国青年代表団(総団長:盧雍政・共産主義青年団中央書記処書記)」の一行300人は、11月10日に日本に到着、同月19日に北京に戻った。代表団は、東京で開かれた「中日青少年友好交流年」日本側閉幕式に参加した後、7グループに分かれて日本各地に赴き、日本の各界との交流を深めた。「中国青年報」が伝えた。

 ▽「合宿」での文化的衝突

 青年職員で構成された「中国青年代表団A団」は閉幕式後、横浜や鎌倉を訪問した。その後11月15日、静岡県富士箱根のホテルで日本の青年達と「合宿」を行った。

 双方が自己紹介と簡単な交流を済ませると、夕食の時間になった。ホテルの大食堂で着席し、熱々のパスタが食卓に出されると、中日の青年達ともに、司会者の食事開始の挨拶を待ちかねて両手を擦り合わせた。司会者がお決まりの挨拶を簡単に終えて本題に入り、「皆さんこの機会に、大いに交流とお喋りを楽しんで下さい。お酒も1本850円でご用意してあります。どんどん飲んで下さい」と述べた。

 司会者の言葉が終わると、日本人青年は特に何の反応もなく無言だった。一方、中国人青年の中には、訝しげな表情に変わり、納得が行かない、やや不満な様子を見せた人もいた。しかし、しばらく話をした後、その不満は日本人に対する敬意に変わった。

 「お酒を飲むのにお金を取るとは!我々中国人が客人にこのような対応をすることはありえない。最高のお酒を手に入れ、客人に心地よく酔ってもらうのが中国人にとっては当たり前だ」

 「我々が海外からの客人を接待する場合、あまりにもメンツを重んじ、出費がかさむ場合が多いのも事実だ。夕食会の主催者の話も長すぎる」

 「日本人はこのようなやり方で、極めて高い節約効果を得ている。我々中国人は、この節約価値を学ぶ必要がある」

 体裁を重んじない接客法は、横浜で食事をした際にも見られた。A団の一部メンバーは14日夜、堅苦しい夕食会を気楽な飲み会に変更するよう提案した。日本側リーダーの森下さんは、「私達の予算はそんなに多くありません。皆のお酒を買う余裕はないのです」とやや困惑気味に言った。中国側メンバーも日本側の困惑を思いやり、お酒は自費で賄うことに決めた。これで、問題は難なく解決した。

 「合宿」での文化的衝突は、教育問題に関するグループ別討論の際に、最も顕著に出た。

 中日の青年達は15日、7グループに分かれ、「教育における両国の持続可能な発展」をテーマに討論を行った。双方から出された教育関連キーワードのうち、大部分の日本人は、学校の近くにスポーツ公園を作ることや就業カリキュラムを構築することなど、身近な具体的内容について関心を示した。これに対し、中国人青年が話題として取り上げたキーワードは、革新、国際化、独立性、予算増加など、軒並みマクロ的視点に立脚したものだった。

 面白いエピソードをひとつ。中国人青年が、マクロ的視野に立った教育計画について議論を交わしている時に、「日本の教育思想とはどのようなものですか?」と尋ねた。それに対して、「知りません。日本には教育思想というものはありません」という意外な答えが返ってきた。(編集KM)

 「人民網日本語版」2008年11月27日

 

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>日本が麻雀を世界遺産に申請、なぜ我々が不満を抱くのか?
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古