ホーム|経済|社会・生活|政治|文化・科学技術|中日交流|評論|写真|動画|特集
神舟8号が地球帰還 ドッキング任務成功
 北京時間17日午後7時32分、宇宙船「神舟8号」の帰還モジュールが内モンゴル自治区中部の着陸予定地域に無事着陸した。
編集者付記
 中国はドッキング目標機「天宮1号」の打上げ成功に引き続き、11月1日午前5時58分(日本時間同6時58分)無人宇宙船「神舟8号」の打ち上げを成功させた。もしドッキングに成功すれば、中国は米国、ロシアに続き、独自のドッキング技術を掌握した3番目の国となる...
最新記事一覧へ
神舟8号と天宮1号、ドッキングの全プロセス


  • (1)ドッキング目標機「天宮1号」は打上げ後、2回の軌道変更を経て、高度約350キロの近円軌道に入り、軌道上でのテストを行う。
  • (2)無人宇宙船「神舟8号」が打上げられる(11月1日を予定)前、天宮1号は高度約343キロメートルの軌道まで高度を下げ、ドッキングに備える。
  • (3)神舟8号が軌道に乗った後、2日以内に天宮1号と1回目のドッキングを行う。
  • (4)ドッキング後の結合体は、約12日間ほど飛行した後、時機を見て2回目のドッキングを行う。
  • (5)神舟8号は切り離され、その日のうちに地球へと帰還する。
  • (6)天宮1号は再び高度を戻し、長期運行管理モードに切り替え、次なるドッキングを待つ。
写真ニュース
「神舟8号」打ち上げ成功
「神舟8号」打ち上げ成功
2日以内に天宮1号と初のドッキングへ
2日以内に天宮1号と初のドッキングへ
「神舟8号」船内の「中国結び」
「神舟8号」船内の「中国結び」
改良型ロケット「長征2号F遥8」
改良型ロケット「長征2号F遥8」
神舟8号と天宮1号、ドッキングの全プロセス
神舟8号と天宮1号、ドッキングの全プロセス
4万通の「夢」、神舟8号と共に宇宙へ
4万通の「夢」、神舟8号と共に宇宙へ
中国の宇宙技術、着実に前進
中国の宇宙技術、着実に前進
打上げを行うロケット「長征2号F」
打上げを行うロケット「長征2号F」
天宮1号、ランデブー・ドッキングの準備段階へ
天宮1号、ランデブー・ドッキングの準備段階へ
「天宮1号」の最新情報
お勧め特集