人民网首页人民網日本語版|日本チャンネル|携帯版
    中国人の生活スタイルを変えたものの、大量の情報が出回り、そこに、偽情報が入り混じるようになっていることで、デマがインターネットのマイナスの要素となり、社会不安にもつながっている。
  速途研究院が発表した「2015年上半期年ネット上のデマ調査報告書」によると、ネットユーザーの6割が「デマを転送したことがある」とし、ネット上のデマに対しては、48%が「とりあえず信じる」と答えた。2015年も残りわずか。この一年間私たち信じたデマを振り返ってみよう。

デマに関するあれこれ

 
    
  
        中国社会科学院新聞・伝播研究所が北京で「ニューメディア青書:中国ニューメディア発展報告No.6(2015)」を発表。サブ報告の「微信の公式アカウントの『デマ』に関する研究報告」では、14年11月3日から15年2月28日の間に、微信上で「詐欺・偽情報」と通報があった記事625本を分析している。
 ◆デマの投稿が最も多いのは火曜日
   曜日別で分析すると、月曜日から水曜日に集中。特に火曜日がピークに達している。一方、周末に向かって本数が明らかに減り、土曜日になるとまた小さなピークが見られる。

 ◆最も多いデマは「食品の安全」に関する
   同分析によると、最も多い「デマ」は、「食品の安全(284本)」、「身の安全(278本)」、「病気関連(259本)」、「健康(179本)」、「詐欺対策(133本)」、「金銭(60本)、「親子(52本)」の7ジャンルだった。うち、「食品の安全」や「身の安全」、「病気関連」のデマが、大部分を占めている。

 ◆デマの83%は男性が発信源
   速途研究院が発表したデータを見ると、微信や微博(ウェイボー)、ニュース閲覧アプリなどを通して流布されているデマのうち、男性が発信源のデマが83%であるのに対し、女性は17%と、男性が圧倒的に多い。しかし、それが流布される過程では、女性のほうが加担度が大きい。

   中国社会科学院新聞・伝播研究所が北京で「ニューメディア青書:中国ニューメディア発展報告No.6(2015)」を発表。サブ報告の「微信の公式アカウントの『デマ』に関する研究報告」では、14年11月3日から15年2月28日の間に、微信上で「詐欺・偽情報」と通報があった記事625本を分析している。

 ◆デマの投稿が最も多いのは火曜日

   曜日別で分析すると、月曜日から水曜日に集中。特に火曜日がピークに達している。一方、周末に向かって本数が明らかに減り、土曜日になるとまた小さなピークが見られる。

 ◆最も多いデマは「食品の安全」に関する

   同分析によると、最も多い「デマ」は、「食品の安全(284本)」、「身の安全(278本)」、「病気関連(259本)」、「健康(179本)」、「詐欺対策(133本)」、「金銭(60本)、「親子(52本)」の7ジャンルだった。うち、「食品の安全」や「身の安全」、「病気関連」のデマが、大部分を占めている。

 ◆デマの83%は男性が発信源

   速途研究院が発表したデータを見ると、微信や微博(ウェイボー)、ニュース閲覧アプリなどを通して流布されているデマのうち、男性が発信源のデマが83%であるのに対し、女性は17%と、男性が圧倒的に多い。しかし、それが流布される過程では、女性のほうが加担度が大きい。

煙霧に関する噂の真相(一)


    
  
    
     米国科学アカデミー紀要に掲載された研究報告書によると、大気汚染により中国北方の住民の平均寿命が5.5年短くなり、肺がん・心臓病・脳卒中の発症率が高くなる。その真相は?

 ◆寿命への影響は濃度次第
   中国科学院大気物理研究所の王庚辰研究員は、「一般的にPM2.5に含まれる成分が同じ場合、濃度が高くなるほど健康の被害が拡大する。濃度が同じでも成分が異なる場合、有毒・有害成分が多いほど健康の被害が拡大する。またPM2.5による健康被害は、人々の免疫や体質とも関係している」と指摘した。


 ◆帰宅後に鼻を洗う
   専門家は「煙霧の日に外出する場合、できる限り鼻で呼吸するべきだ。鼻の中の絨毛が、一部の粒子状物質の肺への進入を防ぐことができる。外から帰宅後、鼻を洗うことを忘れずに」と提案した。

   米国科学アカデミー紀要に掲載された研究報告書によると、大気汚染により中国北方の住民の平均寿命が5.5年短くなり、肺がん・心臓病・脳卒中の発症率が高くなる。その真相は?


 ◆寿命への影響は濃度次第

   中国科学院大気物理研究所の王庚辰研究員は、「一般的にPM2.5に含まれる成分が同じ場合、濃度が高くなるほど健康の被害が拡大する。濃度が同じでも成分が異なる場合、有毒・有害成分が多いほど健康の被害が拡大する。またPM2.5による健康被害は、人々の免疫や体質とも関係している」と指摘した。

 ◆帰宅後に鼻を洗う

   専門家は「煙霧の日に外出する場合、できる限り鼻で呼吸するべきだ。鼻の中の絨毛が、一部の粒子状物質の肺への進入を防ぐことができる。外から帰宅後、鼻を洗うことを忘れずに」と提案した。

煙霧に関する噂の真相(二)

 
    
  
   

 ◆煙霧対策の献立がデマ
   よく「豚やアヒルの血で煙霧対策」という情報が耳に伝わるが、すべてデマだ。人々がよく話題にする「肺の洗浄」は、主に大気中の粉塵・PM2.5の呼吸器系への害を減らすことを意味している。キクラゲや豚の血などが消化器系に入り、肺に達することはない。腸の中で食物繊維により一部の有害物質を吸収したとしても、PM2.5の肺への害を防げない。


 ◆空気清浄機は煙霧除去の神器?ではない
   これは空気清浄機が用いるフィルター技術が重要になる。標準的なHEPAフィルターは、0.3ミクロンの粒子状物質(0.3ミクロンはろ過が最も困難なサイズ)の99.7%を除去できる。それならば直径が2.5ミクロン以下のPM2.5を完全に除去できそうだ。だが実際には、HEPAは空気抵抗が大きいため、空気清浄機に用いられることは少ない。またHEPAは粒子状物質を除去するだけで、有害な気体を除去できない。空気清浄機を使えば屋内の空気の質を改善できるが、PM2.5を浄化できるかについては専門的な研究がなされていない。

 ◆煙霧対策の献立がデマ

   よく「豚やアヒルの血で煙霧対策」という情報が耳に伝わるが、すべてデマだ。人々がよく話題にする「肺の洗浄」は、主に大気中の粉塵・PM2.5の呼吸器系への害を減らすことを意味している。キクラゲや豚の血などが消化器系に入り、肺に達することはない。腸の中で食物繊維により一部の有害物質を吸収したとしても、PM2.5の肺への害を防げない。

 ◆空気清浄機は煙霧除去の神器?ではない

   これは空気清浄機が用いるフィルター技術が重要になる。標準的なHEPAフィルターは、0.3ミクロンの粒子状物質(0.3ミクロンはろ過が最も困難なサイズ)の99.7%を除去できる。それならば直径が2.5ミクロン以下のPM2.5を完全に除去できそうだ。だが実際には、HEPAは空気抵抗が大きいため、空気清浄機に用いられることは少ない。またHEPAは粒子状物質を除去するだけで、有害な気体を除去できない。空気清浄機を使えば屋内の空気の質を改善できるが、PM2.5を浄化できるかについては専門的な研究がなされていない。

濡れ衣を着せられた食品(一)

 
    
  
        現代人は健康的な食生活をますます重視するようになっており、悪い食い合わせ、食べ過ぎは良くないといったことを信じている。しかし迷信は時に体に良い食べ物に濡れ衣を着せることがある。

 ◆卵黄を食べるとコレステロール値が上がる?
   真相:   多くの人は卵を食べる時に黄身を避ける。大量のコレステロールを含み、心臓に悪いと考えるからだ。多くの医学研究結果により、血中コレステロール値の複雑さが、人々の想像をはるかに上回ることが明らかにされたからだ。コレステロールの摂取は、血中コレステロール値に重要な影響を及ぼさない。


 ◆柿の食い合わせで死の危険も?
   真相:   柿の「悪い食い合わせ」は、いずれも高タンパク質食品だ。柿には大量のタンニンが含まれ、タンパク質凝固作用を持つ。一度にタンニンを大量に摂取すると、胃酸の働きにより胃の中のタンパク質と相互作用を起こし、タンパク質の分子構造を破壊し、不溶性タンニンとして蓄積される。しかし、これは柿が消化しにくい、というだけで、食用の柿が直接的な死因になった件は、現時点では報告されていない。

▽空腹時に柿を食べない▽熟していない柿を食べない▽皮を食べない――の3点に注意すればよい。

   現代人は健康的な食生活をますます重視するようになっており、悪い食い合わせ、食べ過ぎは良くないといったことを信じている。しかし迷信は時に体に良い食べ物に濡れ衣を着せることがある。


 ◆卵黄を食べるとコレステロール値が上がる?

   真相:   多くの人は卵を食べる時に黄身を避ける。大量のコレステロールを含み、心臓に悪いと考えるからだ。多くの医学研究結果により、血中コレステロール値の複雑さが、人々の想像をはるかに上回ることが明らかにされたからだ。コレステロールの摂取は、血中コレステロール値に重要な影響を及ぼさない。

 ◆柿の食い合わせで死の危険も?

   真相:   柿の「悪い食い合わせ」は、いずれも高タンパク質食品だ。柿には大量のタンニンが含まれ、タンパク質凝固作用を持つ。一度にタンニンを大量に摂取すると、胃酸の働きにより胃の中のタンパク質と相互作用を起こし、タンパク質の分子構造を破壊し、不溶性タンニンとして蓄積される。しかし、これは柿が消化しにくい、というだけで、食用の柿が直接的な死因になった件は、現時点では報告されていない。
▽空腹時に柿を食べない▽熟していない柿を食べない▽皮を食べない――の3点に注意すればよい。

濡れ衣を着せられた食品(二)

 
    
  
  
 ◆黒い斑点のあるバナナを食べると病気に?
   真相:   健康への影響を知りたければ、まず斑点がいかにして形成されるかを知るべきだ。バナナは他の植物と同じく病気にかかり、炭疽病になれば黒い斑点ができる。しかし炭疽菌はバナナに損傷をもたらすだけで、人には影響を及ぼさない。皮が黒くなっていれば、バナナが熟したということだ。


 ◆じゃがいもを食べると太りやすい?
   真相:   じゃがいもは野菜の中でカロリーが最も高い。これは澱粉を多く含むからだ。しかし水分は76%以上に達し、実際の澱粉の含有量は20%未満だ。またその中には満腹感を生む食物繊維が多く含まれ、主食の代わりにすればダイエットができる。じゃがいもを野菜として食べる場合、主食の量を減らすことで肥満のリスクを回避できる。


 ◆ ハムやベーコンは発がん性を持つ?
   真相:   米国のがん研究所によると、毎日50グラム前後のベーコンを食べれば、大腸がんになるリスクが約21%高まるという。ここで注意すべきは、リスクが21%高まるわけであり、21%の人が大腸がんになるという意味ではないことだ。例えばまったく食べない人のリスクを1%とすると、食べる人のリスクは1.21%ということだ。

 ◆黒い斑点のあるバナナを食べると病気に?

   真相:   健康への影響を知りたければ、まず斑点がいかにして形成されるかを知るべきだ。バナナは他の植物と同じく病気にかかり、炭疽病になれば黒い斑点ができる。しかし炭疽菌はバナナに損傷をもたらすだけで、人には影響を及ぼさない。皮が黒くなっていれば、バナナが熟したということだ。

 ◆じゃがいもを食べると太りやすい?

   真相:   じゃがいもは野菜の中でカロリーが最も高い。これは澱粉を多く含むからだ。しかし水分は76%以上に達し、実際の澱粉の含有量は20%未満だ。またその中には満腹感を生む食物繊維が多く含まれ、主食の代わりにすればダイエットができる。じゃがいもを野菜として食べる場合、主食の量を減らすことで肥満のリスクを回避できる。

 ◆ ハムやベーコンは発がん性を持つ?

   真相:   米国のがん研究所によると、毎日50グラム前後のベーコンを食べれば、大腸がんになるリスクが約21%高まるという。ここで注意すべきは、リスクが21%高まるわけであり、21%の人が大腸がんになるという意味ではないことだ。例えばまったく食べない人のリスクを1%とすると、食べる人のリスクは1.21%ということだ。

「発ガン」に関するデマ(一)

 
    
 
      2015年、見る人を思わず納得させてしまう「発ガン」物質に関するニュースが微信(WeChat)や微博(ウェイボー)で大きな話題となった。最も広く流れた「発ガン」に関するデマを見てみよう。
  

 ◆ホットカーペットの電磁波がガンの原因?
   真相:   ホットカーペットは確かに電磁波を発するものの、その周波数はわずか50Hz。実際には、普段よく使う家電も電磁波を発している。例えば、携帯は900MHZ、パソコンは333MHZ、電子レンジは2450MHZの電磁波を発するなど、ホットカーペット数十万倍のものもある。


 ◆味の素を加熱すると発ガン性?
   真相:   100度で30分以上加熱してとしても、発ガン性物質のピログルタミン酸に変わるのはわずか0.3%。1時間加熱しても0.6%だ。そして、それが人体に及ぼす影響は極めて限られており、健康な人が、味の素を食べても問題はない。ただ、妊婦や乳児は、できるだけひかえたほうがいい。

    2015年、見る人を思わず納得させてしまう「発ガン」物質に関するニュースが微信(WeChat)や微博(ウェイボー)で大きな話題となった。最も広く流れた「発ガン」に関するデマを見てみよう。


 ◆ホットカーペットの電磁波がガンの原因?

   真相:   ホットカーペットは確かに電磁波を発するものの、その周波数はわずか50Hz。実際には、普段よく使う家電も電磁波を発している。例えば、携帯は900MHZ、パソコンは333MHZ、電子レンジは2450MHZの電磁波を発するなど、ホットカーペット数十万倍のものもある。

 ◆味の素を加熱すると発ガン性?

   真相:   100度で30分以上加熱してとしても、発ガン性物質のピログルタミン酸に変わるのはわずか0.3%。1時間加熱しても0.6%だ。そして、それが人体に及ぼす影響は極めて限られており、健康な人が、味の素を食べても問題はない。ただ、妊婦や乳児は、できるだけひかえたほうがいい。

「発ガン」に関するデマ(二)

 
    

  

 ◆ 豆製品、乳がんの原因に?
   真相:   大豆に含まれる大豆イソフラボンは植物性のエストロゲンで、多くの人はこれが乳がんの原因になると心配している。実際には、植物性のエストロゲンは、女性の体内のホルモンバランスを双方向に調節する力を持つ。女性ホルモンの分泌量が少ない場合、大豆イソフラボンはその分泌を促す効果を発揮する。逆に分泌量が多い場合、大豆イソフラボンはその分泌を抑える効果を発揮する。食用の豆製品によって乳がんになることはなく、むしろその罹患リスクを引き下げられることが明らかになっている。


 ◆冷蔵保存で発がん性が高まる?
   真相:   果物・野菜の「変質」は、2つに分かれる。これは冷蔵庫の低温環境による化学変化と、カビによる変質だ。野菜にカビが生え腐ると、野菜に含まれる硝酸塩が亜硝酸塩に還元され、人の健康を損ねる。客観的に見て、どのような食べ物であっても常温で一定時間放置すれば、変質が生じる。冷蔵庫であっても、長時間の放置は避けるべきだ。

 ◆ 豆製品、乳がんの原因に?

   真相:   大豆に含まれる大豆イソフラボンは植物性のエストロゲンで、多くの人はこれが乳がんの原因になると心配している。実際には、植物性のエストロゲンは、女性の体内のホルモンバランスを双方向に調節する力を持つ。女性ホルモンの分泌量が少ない場合、大豆イソフラボンはその分泌を促す効果を発揮する。逆に分泌量が多い場合、大豆イソフラボンはその分泌を抑える効果を発揮する。食用の豆製品によって乳がんになることはなく、むしろその罹患リスクを引き下げられることが明らかになっている。

 ◆冷蔵保存で発がん性が高まる?

   真相:   果物・野菜の「変質」は、2つに分かれる。これは冷蔵庫の低温環境による化学変化と、カビによる変質だ。野菜にカビが生え腐ると、野菜に含まれる硝酸塩が亜硝酸塩に還元され、人の健康を損ねる。客観的に見て、どのような食べ物であっても常温で一定時間放置すれば、変質が生じる。冷蔵庫であっても、長時間の放置は避けるべきだ。

その他

 
    
  
 ◆水の消費期限は16時間のみ?
   真相:   どの程度の時間が経てば変質し飲めなくなるかについては、一定の時間が存在しない。これは客観的な環境の影響を受けるからだ。ゆえに夏の一夜越しの水は出来る限り飲まないようにし、ウォーターサーバーの水も1週間以内に飲み終えるべきだ。



 ◆ メガネをかけると近視が進行する?
   真相:   メガネが、結晶体が物体の像を網膜に映すことを促せるかが問題だ。正確に検眼を行っていれば、メガネの度数も正確であり、「メガネを掛けると近視が進行する」ことを心配する必要はない。


 ◆植物油を使って料理するのが健康によくない?
   真相:   中国人の食習慣と西洋人の食習慣には一定の差がある。西洋諸国では焼いたり、揚げたりするのが主。中国にはその他にもさまざまな調理法がある。例えばさっと炒める、姿蒸しにするといった調理法ならば、植物油が高温になっている時間はそれほど長くなく、中国人消費者は過度に心配する必要はない。

 ◆水の消費期限は16時間のみ?

   真相:   どの程度の時間が経てば変質し飲めなくなるかについては、一定の時間が存在しない。これは客観的な環境の影響を受けるからだ。ゆえに夏の一夜越しの水は出来る限り飲まないようにし、ウォーターサーバーの水も1週間以内に飲み終えるべきだ。

 ◆ メガネをかけると近視が進行する?

   真相:   メガネが、結晶体が物体の像を網膜に映すことを促せるかが問題だ。正確に検眼を行っていれば、メガネの度数も正確であり、「メガネを掛けると近視が進行する」ことを心配する必要はない。

 ◆植物油を使って料理するのが健康によくない?

   真相:   中国人の食習慣と西洋人の食習慣には一定の差がある。西洋諸国では焼いたり、揚げたりするのが主。中国にはその他にもさまざまな調理法がある。例えばさっと炒める、姿蒸しにするといった調理法ならば、植物油が高温になっている時間はそれほど長くなく、中国人消費者は過度に心配する必要はない。