2008年12月9日    中国語版日本版
更新時間:14:13 Dec 09 2008

大学生がロケット打ち上げ成功、世界レベルの技術を突破

 北京航空航天大学航宇学院の学生15人が開発した固液ハイブリッド観測ロケット「北航2号」の打ち上げ実験が、このほど酒泉衛星発射センターで成功した。「中国青年報」が伝えた。

 固液ハイブリッドロケットエンジンは、従来の固体エンジンと液体エンジンの長所を合わせたもので、爆発することがなく、調節が可能で、コストが安く、環境への害がない。このタイプのロケットエンジンの設計は相当複雑で、これまで全世界のどこにおいても完全に突破されたことのない技術的難関だ。

 「北航2号」は設計、製造、組立、輸送のすべてを学生自ら完成させた。大学4年時から開発に取組み、2年余りの研究と度重なるテストを経て、ついに独自開発ロケットの打ち上げに成功したのである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2008年12月9日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>北京の売れ残り女性50万人超
北京のグルメ情報
【特集】胡錦濤総書記、人民日報社を視察
【中国通】中国の世界遺産ーー峨眉山と楽山の大仏
【改革開放30周年】中国の改革開放における経済成長

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古