2009年1月9日    中国語版日本版
更新時間:17:11 Jan 09 2009

近付きつつある4G時代

 第3世代携帯(3G)の実用化が本格化している現在、第4世代携帯(4G)の最新技術の開発も着実に進みつつある。主流4G規格の「LTE」はすでに試験運用を始めている。「新京報」が伝えた。

 AT&Tなどの通信会社3社はいずれも4G規格に「LTE」を採用し、2010年前後に4Gサービスを開始することを決めている。中国移動はバルセロナで行われた携帯展示会で、英ボーダフォンと米ベライゾンワイアレスと共同して「LTE」の試験運用にかかわっていくことを明らかにしている。4G通信の特徴は主に次の3つが挙げられる。

 (1)高速通信の実現

 専門家によると、4G通信システムの情報通信速度は10Mbpsから20Mbpsで、最速で100Mbpsに達する。現在の携帯電話の約1万倍の通信速度が実現されることになる。

 (2)広い帯域幅

 4G通信を研究するAT&Tの担当者によると、4Gの各情報通信ルートに割り当てられる帯域幅は100MHzに達し、これは3Gネットワーク「W-CDMA」の20倍に相当する。

 (3)優れた互換性

 4G通信の普及を促進するためには、4G固有の機能を強化する以外に、現存の通信状況を考慮し、多くのユーザーが少ない投資で4G通信に移行できるようにすることを目指さなければならない。そのため、将来の4Gシステムは、グローバルローミングやオープンインターフェース、多様なネットワークとの連動、端末の多様化、3Gからの安定した移行などの特徴を持つことになる。(編集MA)

 「人民網日本語版」2009年1月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
<一週刊>「給与ゼロ」でも就職したい 上海の大卒生就職戦線
北京のグルメ情報
【特集】中日経済情報週刊(第13号)
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古