2009年2月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
更新時間:13:30 Feb 23 2009

舞台「秘境・青海」が北京で公開

 シンポジウム「秘境・青海」が22日午後、中国現代文学館で行われ、青海省の吉狄馬加・省長のほか、多くの著名な評論家および舞台「秘境・青海」の制作者らが参加した。これに先駆けて公開された舞台「秘境・青海」は、北京の保利劇院での初公演を見事成功させた。

 舞台「秘境・青海」は青蔵(チベット)高原と三江源(長江、黄河、瀾滄江の水源が集まる一帯)を背景とする、天と地に生きる人と神の物語を描いている。中華第一の神とされる「西王母」の誕生から、神と神、人と神、人と自然の間の深刻かつ微妙な関係を通じて、善をあらわし、愛を肯定し、美を礼賛している。

 また目と耳に訴える現代的な総合舞台の表現方法を通じて、舞台の中に広々とした詩画の世界を演出し、人文や宗教などを通じて青海を理解できるすぐれた芸術作品であり、チベット高原の悠久で燦爛の多民族文化に親しむことができる。(編集KA)

 写真は舞台「秘境・青海」の一幕。

 「人民網日本語版」2009年2月23日

[1] [2] [3] [4] [5] [6]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集
中日経済情報週刊(第16号)
中国を巻き込むリストラの嵐
【特集】クリントン国務長官のアジア歴訪
【特集】「2008年中日関係10大ニュース」投票
【特集】外国人から見た改革開放30年
【特集】第12回中日経済シンポジウム

一覧へ


地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古