2009年4月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:57 Apr 22 2009

「南京!南京!」陸川監督:戦場となった南京城を復元

 「南京!南京!」の撮影チームは長春(吉林省)に3000万元以上を使って当時の南京を復元した。設計図には南京城の構造や比率、建物の位置などが詳しく記されていた。

 陸川監督はかつてスタッフに「私の中では、戦場は冷たく、濃い煙が立ち込め、戦火と血の気のないもの」と話したことがある。70年前の戦場は、一般市民のイメージとはまるで違うと陸川監督らは気づいた。簡単に言えば、弾丸が壁に打ち込まれて煙を放ち、手榴弾が投げられて爆発するといった感じで、例えば戦車が砲弾を放って白い煙が立ち込めたり、多くの戦争映画のように戦場がどこもかしこも人、人、人という人々がイメージする広大なものではなく、戦場は冷たく、そんなに多くの人もいないものだ。

 陸川監督は経験から「私は8年間軍隊にいたが、多くの友人がこれ(「南京!南京!」の戦場)こそ正しいと言ってくれた。現代の火薬兵器を使う時代に戦場にそんなに多くの人がいるわけがない。ひとつの手榴弾で一部隊の半分がやられてしまう。必ず散兵線を敷いていたはずだ」と話す。

 映画では戦争の細かい部分も非常にこだわった。例えば、手榴弾から放たれる煙は一つ一つ違うし、銃声も1年がかりでテストを繰り返し、「音声実験場」(射撃場で撮影用の銃を打ち、その銃声を録音し映画で使用)まで組み立てた。(編集KA)

 「人民網日本語版」2009年4月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古